logo

FiO TruSignはブロックチェーンで検証された執筆者署名を使いフェイクニュースと闘う

FiO 2020年03月12日 15時19分
From 共同通信PRワイヤー

AsiaNet 83247 (0397)

 
【台北2020年3月11日PR Newswire=共同通信JBN】SaaS企業であるFiOの最新のディスラプティブなアプリケーションは、Web上での「フェイクニュース」の拡散と闘う。FiOのTruSignは、コンテンツがオンライン上で発信される際に、コンテンツ執筆者がその真正性を実証するのに役立つブラウザー拡張機能である。TruSignはブロックチェーンとAIを使用しており、現在ソーシャルメディア上で流布されている不正確なコロナウイルスに関する様々なリポートで実際に試されている。

従来型ビジネスをターゲットとするFiOの汎用ブロックチェーンツールを使用して開発されたTruSignは、インターネット上で拡散する際に、執筆者が消えない署名を作成し、作品承認済みの発行元およびサードパーティのウェブサイトURLに添付することを可能にする。TruSignの証明は、その記事が主張されたソースからのものであり、オリジナルの執筆者はその作品を是認していることを示している。

TruSignは、執筆者、読者、メディア所有者のいくつかの問題を解決する。執筆者およびコンテンツ制作者はいまや、知的財産をホストする記事を視覚的に認証し、適切な第三者による変更または誤用についての警告を受けることができる。一方で読者は、コンテンツを読んだり共有したりする前に、コンテンツの信ぴょう性と事実性を判断することができる。さらに、コンテンツのデータの正確性を促進および推進し、誤った情報や誤解を招く情報の拡散を防止する。

GPGとFiOの独自技術で開発されたTruSignは、直感的なユーザーインターフェースを備えた安全なGoogle Chrome拡張機能として動作する。ユーザーは、使用する前にブラウザプラグインをインストールする必要がある。

URLに「署名」するには、サインインしている執筆者がTruSignアイコンをクリックして、記事のWebアドレスに署名し、この署名を記事ページに追加する。執筆者の署名はTruSignの秘密鍵(プライベートキー)によって作成され、パブリックブロックチェーンで公開される。ユーザーは、TruSignの公開鍵(パブリックキー)を使用して記事の署名を確かめることができる。

TruSignは、共通の階層化システムを使用して、執筆者の証明レベルを認証し、ユーザー機能を管理する。ブロンズ認定アイコンを表示するには、執筆者は確認済みの電話番号で基本登録を完了する必要がある。

より高レベルのシルバー認定を取得するには、執筆者はその実際の身元を立証する必要がある。ゴールド認定は、権威あるメディア、および自分の名前でコンテンツを是認することを望んでいる有名なオピニオンリーダーのために用意されている。

TruSignはFacebook上でテストされており、コロナウイルスに関する誤解を招くような、かつ陰謀的なニュースの拡散と闘うことをサポートする。これは先月、FiOの革新的なブロックチェーンベースのボランティアシステムと先月の台湾のマスク配布マップシステムを受けたものである。FiO TruSignは暫定的に、年内に他の通信ソフトウエアやアプリケーションと統合する予定である。

www.FiO.one 、または FiO TruSign www.FiO.one/TruSign を参照。

ソース:FiO

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]