Kemp社製 「LoadMaster」シリーズ ハードウェア アプライアンス「LM-X1」、バーチャルアプライアンス「VLM-500」、「VLM-MAX」新発売のお知らせ

Kemp社製新製品をリリース

ハードウェアアプライアンス「LM-X1」、バーチャルアプライアンス「VLM-500」、「VLM-MAX 」を2020年3月5日(木) より発売開始

FXC株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷輪 重之) は、 Kemp Technologies (本社:アメリカニューヨーク)社製ハードウェアアプライアンス「LM-X1」、バーチャルアプライアンス「VLM-500」、「VLM-MAX 」を2020年3月5日(木) に発売開始いたしました。
 「LM-X1」は、ハードウェアアプライアンス「LM-X」シリーズの新ラインアップとして 登場した製品です。「LM-X1」は、LM-Xシリーズの中でも、必要な機能のみに絞ったアプライアンスで、価格も安価となっています。そのため、価格を抑えつつもサーバの負荷分散は徹底して行いたいという方に最適な製品です。 また、過去に発売して人気を博したモデル「LM-2400」の後継機としても利用できます。以前から「LM-2400」をご利用中の方は、今後「LM-X1」もご検討ください。
 「VLM-500」は「VLM-200」の後継モデルとして登場した製品です。「VLM-500」 は、「VLM-200 」に比して、スループットを始め、 SSLトランザクション等の機能がスペックアップしたにも関わらず、価格は従来よりも抑えており、圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。
 新モデル「VLM-MAX」は、従来のモデルで制限されていたスループット、SSLトランザクショ ン、同時セッション数などを無制限に利用することが可能になりました。これにより、多くのインスタンスに対して十分な性能を発揮できます。

このプレスリリースの付帯情報

LM-X1

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]