logo

Dr.Web 12.0 for Windowsに含まれるDr.Web Anti-rootkit APIをアップデート

Doctor Webは、Dr.Web Security Space 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0 およびDr.Web Anti-virus 12.0 for Windows File Serverに含まれる Dr.Web Anti-rootkit API (12.5.8.202002280) をアップデートしました。 今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、Windows 10上での "PROC:HollowedProcess.EP" の誤検知が修正されました。
アップデートは自動的に行われます。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]