logo

2020年1月のウイルスレビュー ― メールトラフィック内でのマルウェア検出数の増加等

Doctor Webは、2020年1月のウイルスレビューを公開しました。1月に検出された脅威の数は前月とほぼ同等となっています。ユーザーを脅かす主な脅威は、依然として悪意のあるブラウザ拡張機能や不要なプログラムを含むアドウェアとなっています。メールトラフィック内で拡散されるマルウェアについては、これまでで最も多い件数が記録されました。2019年11月に始まったランサムウェアの減少傾向は1月も続いています。非推奨サイト・危険なサイトのデータベースに追加されたURLの数は前月と比較して40%減少しています。

###

詳細については1月のレビューをご覧ください。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]