logo

人気クリエイターの作品を間近で楽しめる個展、「pixiv WAEN GALLERY」がオープン1周年で累計来場者数4万人を突破!

ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝 信吾)と株式会社ツインプラネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢嶋 健二)が運営する、クリエイターの方々の作品を展示するギャラリー『pixiv WAEN GALLERY by TWIN PLANET × pixiv』は、2020年2月15日(土)をもちましてオープン1周年を迎えたことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]




「pixiv WAEN GALLERY」の「WAEN」という名前には、このギャラリーを起点として人と人との輪の広がりや、そこでできた縁を活かし、コンテンツを生み出していくという意味が込められております。

名前の由来の通り、オープン以来、著名なクリエイターの方々を迎えて計14回の個展を開催し、累計約40,000人の方にご来場いただきました。
ご好評の声も多数いただき、これもひとえにクリエイターの皆さま、ご来場いただいたファンの皆さま、ご協賛いただいた数多くの企業の方々のおかげと深く感謝申し上げます。
これからも運営スタッフ一同、皆さまに新たな「輪」や「縁」をもたらすようなより一層素敵なギャラリーの運営に努めてまいります。

■「pixiv WAEN GALLERY」1周年の歩み
過去に開催した各個展の概要は、以下よりご覧いただけます。

●森倉円初個展「Girl Friend」
リンク

●出水ぽすか個展「ワンダーロード」
リンク

●redjuice個展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」
リンク

●望月けい個展「愛の形としてくれ」
リンク

●Ryota-H個展「Arbuscule」
リンク

●焦茶初個展「HELLO HELLO HELLO」
リンク

●裕初個展『十人十色とヒミツの扉』
リンク

●Anmi初個展「SUPERBLOOM」
リンク

●フライ初個展「Marguerite」
リンク

●ももこ初個展「espressivo」
リンク

●しらたま初個展「たまこてん」
リンク

●米山舞初個展「SHE」
リンク

●しゅがお初個展「MIMI STREET」
リンク

●Tiv個展「emoTive」
リンク


■ご好評いただいた取り組み
・ドローイングイベント
イラストレーターRyota-H氏、裕氏の個展では、リアルタイムにお絵かきを楽しめるライブ配信機能「pixiv Sketch Live」を使用しながらの、ドローイングイベントを開催。
その場で作品が仕上がっていく様子を見て、テクニックを学ぶことができる貴重な取り組みとして、イラストレーターを志す皆さまにも楽しんでいただきました。
2時間という限られた時間のなかで、ファンからの質問に回答しながら作品を仕上げていただきました。
[画像2: リンク ]


・クリエイターの作品をより魅力的にみせる展示内容
▼作品の世界観にあわせた壁紙装飾
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



▼多くの作品を多面的に魅せる立体のBOXオブジェクトを製作

[画像5: リンク ]


▼展示作品に合わせてギャラリー内を一周するペンギンの足跡を模した様子
[画像6: リンク ]



▼細部まで作品を鑑賞できる巨大タペストリー
[画像7: リンク ]


・クリエイター自身が製造したオリジナルグッズ販売
クリエイターの方々もとても熱心で、運営企業側で製造したグッズを持ち込むのではなく、自らオリジナルのグッズを製造し、ギャラリー内で販売いただきました。
[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]


・メッセージブック
ファンとクリエイターとの交流ツールとして、すべての個展でスケッチブックを設置しています。サイン会などのイベントに参加できない方でも、クリエイターの方々への想いを直接届けることができます。
[画像11: リンク ]



■本ギャラリーを通じて「アニメーター」から「イラストレーター」へ転身
「新たなスタート」を切った米山舞氏の個展「SHE」
[画像12: リンク ]


2019年12月に開催したイラストレーター米山舞氏による個展「SHE」。
米山さんはアニメ『キルラキル』『キズナイーバー』『プロメア』など、数々のビッグタイトルにメインアニメーターとして参加するキャリアを築きながらも2018年、イラストレーターとして再スタートを切りました。きっかけの1つになった本個展についてコメントを頂戴しましたのでご紹介いたします。

<米山舞氏コメント>
私にとってこの個展は「新たなスタート」だと思っています。仕事をアニメーターからイラスト主体に変えてようやく1年。これまでの経歴も総括しつつ、あらためて自己紹介、という感じですね。

誰にでもさまざまな状況や場面、困難や逆境に立ち向かう時がある。
その瞬間の彼女、彼、それらを切り取ってみたいなと思い「SHE」というタイトルを付けました。

この個展を開催するにあたり支えてくださった家族や同僚、
この機会を与えてくださったピクシブさまとTWIN PLANETさま、
準備に携わってくださった方々に深く感謝しています。

(参考)pixivisionで本個展を紹介した記事
米山舞、個展の全貌を語る。連作「SHE」で描いた、困難に立ち向かう”彼女”たち
リンク


■pixiv WAEN GALLERY責任者の東根哲章(ピクシブ執行役員)よりご挨拶
pixiv WAEN GALLERY by TWIN PLANETはお陰様で1周年を迎えることができました。
ピクシブはインターネットを通してたくさんの方々に素晴らしい作品に出会ってほしいと考えてきましたが、一方で大きく精巧に印刷された多くの作品を直接見て、その作品と空間を共にすることの良さもあると思っています。
実際に開催してみると、ファンの方々だけでなく、多くのクリエイター仲間の方々やコンテンツホルダーなどさまざまな企業の方々にも来場していただき、リアルな場所で展示を行う意義を大きく実感できた1年でした。
現在、台北でWAEN GALLERY協力で「espressivo│ももこ台湾初個展」を開催中(2月23日まで)ですが、引き続きギャラリーでの新しい企画を実施していきつつ、東京以外・海外でも定期的に開催していきたいと考えております。

■pixiv WAEN GALLERY責任者の福山 正之(TWIN PLANET取締役副社長)よりご挨拶
表参道という土地で、イラストをアートとして見ていただける環境づくりを目指し、多くの作家様のご協力により、多くの方々に見ていただける場所となりました。

私としても、クリエイターとしての個のパワーと、お客様の熱量を間近で感じることができ、この熱量をギャラリー以外でも拡大できないかを考えさせられる1年となりました。

この1年間の結果をもって、地方展開や海外展開を視野に入れております。さらに、ここで出会ったクリエイターと方々と新しいプロジェクトも進行していますので、ぜひ楽しみにしてください。


■ギャラリー名「WAEN」に込めた想い リンク
「WAEN」は、ギャラリーで生まれた縁を活かし、次の新しいコンテンツや企画を生み出し、クリエイティブの輪が広がっていくという意図でネーミングしました。また日本を拠点に創作文化をグローバルに発信していきたいという想いから、“和“の響きも意識しました。「pixiv WAEN GALLERY by TWIN PLANET」をきっかけとして、クリエイターさんの新しいチャレンジに貢献したい、そしてファンの方にはより多くの作品に出会ってほしいと考えております。

■ピクシブ株式会社 リンク
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝 信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日
お問い合わせ:村松(むらまつ)・久米(くめ)・高橋(たかはし)
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]