logo

ファーウェイとPCLがCloud Brain IIを構築し、1000 PFLOPS規模でのAIクラスターの新章へと歩みだす

ファーウェイ(Huawei) 2019年12月05日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイとPCLがCloud Brain IIを構築し、1000 PFLOPS規模でのAIクラスターの新章へと歩みだす

AsiaNet 81995 (2447)


【深セン(中国)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*PCLがHuawei Atlas 900 AIクラスターを選択し、Kunpengコンピューティング業界支援態勢を強める

ファーウェイ(Huawei、華為技術)とPeng Cheng Laboratory(PCL)は2019年11月29日、共同でPeng Cheng Cloud Brain II Phase 1をリリースし、1000 petaFLOPS(PFLOPS)規模でのAIクラスターへの旅を正式に開始した。これは、Kunpengコンピューティング業界の科学研究分野における新たなマイルストーンを記すものである。Cloud Brain IIの基盤で動作しているのは、Huawei KunpengおよびAscendプロセッサーで動作するHuawei Atlas 900 AIクラスターである。Atlas 900は、堅ろうなコンピューティングパワーをCloud Brain IIに注ぎ込み、コンピュータービジョン、自然言語、自動運転、スマート輸送、スマートヘルスケアなど、AI分野の基礎研究と探査をサポートする。Peng Cheng Cloud Brainのコンピューティングパワーは現在100 PFLOPSであり、来年には1000 PFLOPS以上に拡張する予定である。

リンク
(写真説明:正式開始式でのファーウェイ上級バイスプレジデント兼ファーウェイ・クラウド& AIプロダクト&サービス・プレジデントであるホウ・ジンロン氏(左)とPeng Cheng Labディレクターのガオ・ウエン氏(右))

ファーウェイ上級バイスプレジデント兼ファーウェイ・クラウド& AIプロダクト&サービス・プレジデントであるホウ・ジンロン氏は「今年9月、ファーウェイはKunpeng + Ascendデュアルエンジン・コンピューティング戦略を開始した。この戦略に触発され、当社は世界に究極のコンピューティングパワーを提供することにコミットしている。また、世界最速のAIトレーニングクラスターであるAtlas 900もリリースした」と語った。

ホウ氏は「今日、Atlas 900がPeng Cheng Cloud Brain IIプロジェクトに選ばれたことを誇りに思う。それはCloud Brain IIの基礎を築く。Cloud Brain IIは、業界をリードするAI研究プラットフォームである。PCLは多くの学者とAI研究人材を結集してきた。ファーウェイはPCLと共同で、インテリジェントな世界のための最先端の科学研究で先頭に立つ」と付言した。

ホウ氏はまた、「現在、われわれはCloud Brain IIフェーズ1を構築しつつある。私は、共同の取り組みにより、近い将来1000 PFLOPS規模のCloud Brain IIへの道が開かれると信じている。われわれはそれが世界をリードするAI研究プラットフォームになると確信している」と語った。

ファーウェイ・インテリジェントコンピューティング・ビジネスデパートメント・プレジデントであるマイケル・マー氏は「ファーウェイは、AscendプロセッサーをベースにAtlas AIコンピューティングプラットフォームを構築し、モジュール、カード、エッジステーション、AIサーバー、クラスターの幅広いポートフォリオを提供している。当社のすべてのシナリオのAIインフラストラクチャーはクラウドエッジデバイスをカバーし、深層学習のためのフルパイプラインの推論とトレーニングをサポートしている」と語った。

マー氏は「当社主力製品のAtlas製品であるAtlas 900は、世界のAIコンピューティングの最高峰である。Atlas 900とCloud Brain IIの結合は、1000 PFLOPS規模のAIクラスターの新しい章に乗り出し、優れたコンピューティングパワーを解き放ち、業界全体でより迅速でインテリジェントな変革を推進する」と語った。

リンク
(写真説明:Atlas 900を紹介するファーウェイ・インテリジェントコンピューティング・ビジネスデパートメント・プレジデントであるマイケル・マー氏)

Peng Cheng Cloud Brainは、AIの分野における重要なテクノロジー施設である。それはAIテクノロジーの最前線を探求するための基本的な研究プラットフォームである。現在、AIは100 PFLOPSのAIコンピューティングパワーを誇り、来年のCloud Brain IIプロジェクトで1000 PFLOPS規模に達すると見込まれている。

Cloud Brain IIは、PCLとファーウェイにより共同で構築されている。Huawei KunpengおよびAscendプロセッサーで実行されるAtlas 900 AIクラスターは、優れたコンピューティングパワーを提供する。PCLは、1000 PFLOPSでのCloud Brainテクノロジーを開発している。

Atlas 900 AIクラスターは、10年以上にわたるファーウェイの技術ノウハウを継承してきた。数千のAscend 910 AIプロセッサーで構成されるAtlas 900は、ResNet画像分類モデルのトレーニングを59.8秒で完了する。これは、これまでの同じ精度での世界記録よりも10秒速い。Atlas 900の強力なコンピューティング能力は、天文探査、天気予報、自動運転、石油探査などの科学研究と技術革新に変化をもたらしている。Atlas 900のハイライトは以下の通り:

*強力なコンピューティング:数千のAscend 910 AIプロセッサーを統合したAtlas 900は半分の精度(FP16)で256 - 1024 PFLOPSをもたらす。これはパソコン50万台のコンピューティングパワーに等しい。SoC設計は、AIコンピューティング、汎用コンピューティング、およびI/O機能を統合して、トレーニングの効率を効果的に向上させる。

*高速クラスターネットワーク:Huawei Cache Coherence System (HCCS)、PCIe 4.0、100G RoCEの3つのタイプの高速ネットワークインターフェースをサポートして、グラディエント同期レイテンシーを10%から70%削減し、モデルトレーニングの効率性を飛躍的に高める。革新的なiLosslessインテリジェントスイッチングアルゴリズムを活用して、ネットワーク全体のトラフィックのリアルタイム学習とトレーニングを実現し、パケット損失ゼロとマイクロ秒のエンドツーエンド・レイテンシーを達成する。

*究極の放熱:Atlas 900は、キャビネットレベルの断熱システムを使用して、95%を超える液体冷却率と1.1未満のシステム電力使用効率(PUE)を実現する(理想的なPUEは1.0)。

これまでファーウェイは、Ascend 910および310 AIプロセッサーをベースとしてAtlas 900 AIクラスター、Atlas 800 AIサーバー、Atlas 500 AIエッジステーション、Atlas 300 AIアクセラレーターカード、およびAtlas 200 AIアクセラレータモジュールを発売してきた。この全体的なAtlasポートフォリオは、クラウドエッジデバイス全体のすべてのシナリオでトレーニングと推論のための強力なコンピューティングを提供する。

今後、ファーウェイはKunpengコンピューティング業界向けのプロセッサー、オペレーティングシステム、データベースなどのインフラストラクチャーへの投資とイノベーションの強化を継続し、Peng Cheng Cloud BrainにAIコンピューティングを提供し、AIテクノロジーをより広い範囲のアプリケーションでより速く実現していく。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]