logo

アサイゲルマニウムは、「健康食品の『安全性自主点検』認証登録制度」に認証登録されました

株式会社浅井ゲルマニウム研究所 2019年12月10日 22時39分
From 共同通信PRワイヤー

2019年12月5日

株式会社浅井ゲルマニウム研究所

「アサイゲルマニウム」は、国内で初めて
食品原材料の有機ゲルマニウムとして
「健康食品の『安全性自主点検』認証登録制度」に認証登録されました

株式会社浅井ゲルマニウム研究所(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:志柿松作、以下弊社)が製造・販売している「アサイゲルマニウム」は有機ゲルマニウム化合物のひとつです。様々な生理活性を持ち、医薬品GLPに準じた数多くの毒性試験等を実施し、安全性を確認した上で健康食品や化粧品の原料として広くご利用いただいています。

この度、弊社のアサイゲルマニウム【申請原材料名:アサイゲルマ/一般名称:有機ゲルマニウム (poly-trans-[(2-carboxyethyl)germasesquioxane])】は、公益財団法人 日本健康・栄養食品協会の「健康食品の『安全性自主点検』認証登録制度」に申請し、2019年11月22日に認証登録されました。

この制度は、厚生労働省の支援を受けた第三者認証制度のもとで運営され、健康食品・サプリメントの原材料及びその製品の安全性について、第三者(有識者)が評価し、認証・登録するものです。原材料または製品の設計(食経験、文献検索、毒性試験などによる1日摂取目安量の科学的根拠)、製造工程管理、健康被害情報の収集と対応等により審査されます。
 〈 (公財)日本健康・栄養食品協会HP: リンク

ゲルマニウムに関しては、過去に二酸化ゲルマニウム(無機ゲルマニウム)及び、有機ゲルマニウムであると偽って販売された二酸化ゲルマニウムによる健康被害が起きており、それを受けて、厚生労働省では行政関係者へ「ゲルマニウムを食品の原材料として使用する場合は、予めその長期健康影響等安全性を確認して使用するよう指導すること。」と通知(昭和六三年一〇月一二日発 衛新第一二号)しています。

今回、弊社のアサイゲルマニウムが「健康食品の『安全性自主点検』認証登録制度」に認証登録されたことで、インターネット、その他国内外における「ゲルマニウムは人体に有害である」という情報に対して、「アサイゲルマニウム」は他のゲルマニウム化合物とは一線を画すことを明言し、消費者にも正しい情報を提供することが可能になると考えています。
今後は、安全性の観点から有機ゲルマニウムの輸入・販売を禁止している国に対しても輸出の可能性が拓けるなど、健康食品市場において唯一「健康食品の『安全性自主点検』認証登録制度」に則り審査され、一定レベルの安全性が確認された有機ゲルマニウム原料として、「アサイゲルマニウム」の認知と利用拡大に寄与するものと期待しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]