logo

アプリケーション制御などの新しい機能を実装するDr.Web Enterprise Security Suite 12.0をリリース

Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Security Suite グループ製品のバージョン 12.0をリリースしました。 新バージョンでは、Agentがアップデートされたほか、新たな保護コンポーネント“アプリケーション制御”が実装されました。また、保護されるネットワークのセキュリティ向上をさらに高めるために、一部機能の改善および変更が施されました。

###

Dr.Web Enterprise Security Suite の新しいバージョン12.0がリリースされました
Dr.Web 12 for Windows の新しいAgent
Agentでは、次の変更が加えられました。

Agentのオプションが大幅に拡充されました。
アンチウイルスによるセキュリティの範囲がさらに拡大しました(プロセス、 システムサービス、 ドライバー、 レジストリ、 WMI (Windows management instrumentation)、タスクスケジューラのジョブ、 プロセスのネットワーク接続、ファイルシステムにおけるイベント)。
最先端の検知手法(最新タイプの非シグネチャー型検知および挙動監視アルゴリズム)が採用されました。
ヒューリスティックスキャン時に用いられる検知アルゴリズムの利用範囲がより広くなりました。
挙動検知アルゴリズムの応用がさらに拡大され、検出される脅威の種類が増えました。
Dr.Web for Windows のAgentデザインでは、徹底的な見直しが行われました。
Windows端末向けのOffice Controlの設定オプションでは、アクセス制御のために、新しいデバイスタイプとして“マルチメディアデバイス” が追加されました。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]