logo

OpenStack海外動向 > 第34回 コンテナからエッジコンピューティングまで、 研究機関が頼っているオープンインフラ

CTC教育サービスはコラム「OpenStack海外動向 > 第34回 コンテナからエッジコンピューティングまで、 研究機関が頼っているオープンインフラ」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。 興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

--

ミラノとローマは大きく隔てられています(電車で3時間を含む)が、これら2つの都市を結ぶものの1つは、オープンインフラコミュニティです。

イタリアのコミュニティ主催者であるBinario EticoとIrideosは、今年のローカルイベントに2つの大きな変更を加えました。まず、イベントで取り扱う範囲を広げるために、イベント名をOpenStack DayからOpenInfra Daysに変更しました。また、可能な限り多くの地域コミュニティのメンバーの前で最新のトレンドやユーザーストーリーを紹介するために、今年2つのイベントを計画しました。これらのイベントは、イベントスポンサーであるD2iQ、GCI、Linux Professional Institute、OpenStack Foundation、Mellanoxのサポートなしでは不可能だったことでしょう。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]