logo

ブロックチェーン時代の到来でFiOが同社初のブロックチェーン・ブートキャンプ開催へ

FiO Technology Co. Ltd 2019年11月04日 17時25分
From 共同通信PRワイヤー

ブロックチェーン時代の到来でFiOが同社初のブロックチェーン・ブートキャンプ開催へ

AsiaNet 81409 (2169)

【台北2019年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】最近のアジア諸国でのブロックチェーン技術受け入れの拡大から見て、ブロックチェーン技術の優先化は新しい投資が差し迫っていることを意味する。アジア初のプラグアンドプレイのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)ソリューションであるFiOにとってこれは間違いなく追い風である。FiOは11月11日に台北で初めてブロックチェーン・ミートアップを開催する予定だ。ミートアップはブロックチェーンの現実の世界でのビジネスアプリケーションに焦点を当てる。

FiOのジョージ・チュウ最高経営責任者(CEO)は以下のように述べた:
「最近の受け入れの広がりはブロックチェーン企業と業界には良い兆しだ。FiOにとっては、従来型企業にブロックチェーン・ベースのインフラを構築する取り組みが実証されることになる。この新しい機会と今後の規制明瞭化を利用して、真に優れた企業製品を創り上げるつもりだ」

分散型台帳技術(DLT)を備えるブロックチェーンは、商業やリテール、医療研究、調達など幅広い業界に多大の恩恵を提供する。

例えば、BaaSイノベーターのFiOは今年、ブロックチェーンや人工知能、ビッグデータ、インターネット・オブ・シングス(IoT)などの分野にまたがる最新のイノベーションを企業が一体化することを助けるアジア初のプラグアンドプレイ BaaSソリューションを打ち出した。このソリューションはパブリックおよびプライベートのブロックチェーンと完全に相互運用可能で、金融とリスクコントロール、監視、サプライチェーン管理での現在の障壁を取り除く深い協力によって、企業がデータを共有し、効率を最適化し、コストを減らすことを実現する。

FiOは企業がつながり、デジタル都市変革の新しい動きの価値を高めることにより、新スマートシティ構想基準の促進も目指している。FiOは現在、香港とシンガポール、東京、ニューヨーク、北京、台湾、テルアビブで事業展開し、2020年には東南アジアへ進出する計画だ。

FiOは社会的責任の高まりを自覚し、業界リーダーの教育にコミットして11月上旬には技術パートナーのIBMとカエデ・タイ最高技術責任者(CTO)が出席する初のミートアップを主催する。

FiOは多方面へのブロックチェーン・プロバイダーになることを目的に、ブロックチェーン技術の適用促進のために、独自のデベロッパーコミュニティーを設立する計画だ。

FiOの詳しい情報はwww.FiO.one を参照。

▽問い合わせ先
Olivia Lu
+886 989683963
olivia@fio.one

ソース:FiO Technology Co. Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]