logo

Andoroidも安全ではない、スマートデバイスにもアンチウイルスが必要な時代に

2010年にDr.Web for Androidが登場したばかりのころ、Doctor Webを無料で利用できるようにしました。当時は、Androidを標的とした悪意のあるプログラムの数はそれほど多くはありませんでしたが、プラットフォームが急速に人気を伸ばしていたため、次期にくるブームを予想し、顧客のデバイスの保護を支援することで曲線を抜け出すことにしました。

###

その後、多くのことが変わりました。Androidは世界中に広まり、現在デスクトップオペレーティングシステムを中心に広まりつつあります。グリーンロボットはあらゆる種類のスマートデバイスの実行だけでなく、自動車にもその道を見出しました。
かつて架空のものであったいくつかの脅威が現実のものとなりました。銀行向けトロイの木馬に関するニュース記事が驚くほどの規則性をもって現れる中、モバイルボットネットは今では何十万ものデバイスを網羅しており、アンチウイルスはスマートフォンの所有者にとって手放せない存在となりました。
しかし、Androidをターゲットにしたマルウェアは作り話に他ならないと考える人もいます。私たちは彼らと議論することはありませんが、その代わりにソーシャルメディアから受け取った私たちの購読者の一人からのメッセージを引用します。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]