logo

「Pythonネットワーク運用自動化無料講習 ~稟議に使えるPython市場データ解説も~」(CTCテクノロジー主催/受講無料) 2019年11月21日(木)

CTC教育サービスは「イベント&セミナー > 【セミナー】 「Pythonネットワーク運用自動化無料講習 ~稟議に使えるPython市場データ解説も~」(CTCテクノロジー主催/受講無料) 2019年11月21日(木) 」を公開しました。

###

【セミナー】 「Pythonネットワーク運用自動化無料講習 ~稟議に使えるPython市場データ解説も~」(CTCテクノロジー主催/受講無料) 2019年11月21日(木)

参加申込:peatix(リンク)より、事前にお申し込みください。

Pythonの求人数は前年比250%を超え(Indeed Japan 2019年5月集計)、インフラ、AI、ビッグデータなどでも普及が進むPythonですが、Python求人全体の求人の4割がPythonを取得したインフラエンジニアということもあり、今後も多くの企業がインフラエンジニアにPythonを取得させたいと感じているようです。

今回はCTCテクノロジー株式会社ラーニングソリューション企画部 林田 圭史による「Pythonで始めるネットワーク運用の自動化」を解説いたします。ここではネットワーク運用現場で活用され始めている自動化について無料講習を実施いたします。
またゲストスピーカーとしてPythonエンジニア育成推進協会 代表理事 吉政忠志氏を招き、「稟議に必要なPython市場データ解説とPython認定インテグレーター制度とPython試験のご紹介」を講演いただきます。このセッションでは、日本市場におけるPython市場動向を解説いただき、社内の人材育成計画等に活用できる市場データを紹介します。人材育成計画稟議の添付資料に活用いただければ幸いです。
皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム概要
ゲストスピーチ「稟議に必要なPython市場データ解説とPython認定インテグレーター制度とPython試験のご紹介」

スピーカー:一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事 吉政忠志氏
Pythonの求人数が前年比250%増で伸びています。インフラ、AI、機械学習、ビッグデータなどで広く使われており、多くの企業で人材育成が始まっています。この講義では、Python関連の各種稟議に使える市場データを解説します。また、Pythonビジネスを実施するうえで効果的な支援を受けられるPython認定インテグレーター制度やPython試験の紹介も致します。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]