logo

自動プロセスディスカバリーでRPAの導入を成功に導く

野田貴子氏のRPAコラム「自動プロセスディスカバリーでRPAの導入を成功に導く」が日商エレクトロニクスで公開されました。

###
ビジネスプロセスディスカバリー、あるいは単にプロセスディスカバリーとは、組織の既存のビジネスプロセスを定義、マッピング、分析するために使用されるツールやテクニックの総称です。これはビジネスプロセス管理(BPM)イニシアチブとRPAの導入を成功させるための、重要な要素となっています。

最新の技術業界用語である「プロセスインテリジェンス(PI)」は、組織がプロセスディスカバリー、プロセス分析、そして継続的なプロセス改善に取り組む方法を本当に驚くほど変化させています。

プロセスインテリジェンスによって組織のビジネスプロセスの現在の状態をディスカバリーすると、プロセスを改善するための基準値が分かり、改善のために取り組むべき主要な問題領域を特定できるので、RPAの導入前に当て推量をすることが無くなります。従来のプロセスディスカバリーツールや手法はほとんど手作業でしたが、高度なAIを利用し、ビジネスインテリジェンス(BI)やビジネス分析ツールで既に収集・利用しているデータの一部を使用すれば、プロセスリーダーは自動化をする前のプロセスの評価やディスカバリーを大幅に改善することができます。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]