logo

GVGが次のデジタル競争の勝者を予測

GVG Capital Group 2019年10月10日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

GVGが次のデジタル競争の勝者を予測

AsiaNet 80922 (1915)


【サンフランシスコ2019年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*スタートアップか、Amazonのような巨大デジタル企業か、ウォルマートのような既存の大企業か?

デジタルトランスフォーメーションで首位の世界的なプライベートエクイティ企業であるGVG Capitalは8日、100カ国5000社以上を対象とした世界最大のデジタルトランスフォーメーション調査に基づき、「Who Will Win Next Digital Race: startups, digital giants like Amazon or incumbents like Walmart, Tata, Lidl?(次のデジタル競争の勝者は誰か:スタートアップか、Amazonのような巨大デジタル企業か、ウォルマート、Tata、Lidlのような既存の大企業か?)」 ( リンク )を発表した。

例えば米国小売市場ではAmazon、中国メディア市場ではテンセントというように、それぞれの大市場で勝者―巨大デジタル企業―はただ1社であり、リスクは極めて高い。「巨大デジタル企業」はそれぞれの市場を支配する1000億ドル超の企業である。全世界の消費者支出のうち50兆ドルが2030年までにオンラインへ移行すると予測され、これによって食品から健康に至る数十兆ドル規模の市場に、インドやドイツなど新たな15カ国から40の新たな巨大デジタル企業が出現する。

▽重要なインサイト:

*最初のデジタル競争(1995-2000)は世界で最も価値のある10社のうち7社を含む8社の巨大デジタル企業を創出した。米国の6社(Amazon、Apple、Facebook、Google、マイクロソフト、Netflix)と中国の2社(アリババ、テンセント)である。

*次のデジタル競争(2020-2030)は、さらに15カ国から40の新たな巨大デジタル企業を生み出す。それはインド、インドネシア、日本、シンガポール、韓国、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン、英国、ブラジル、メキシコ、アラブ首長国連邦(UAE)であり、健康、不動産、食品、小売、金融サービス、メディア、消費者製品、輸送、通信、テクノロジーの数十兆ドル規模の市場となる。

*スタートアップと巨大デジタル企業は構造上の課題、政府の反発、ポピュリストの憤慨、投資家の懐疑に直面するため、既存の大企業は絶好のチャンスを得る。

*次のデジタル競争に勝ち、新たな巨大デジタル企業を構築するために、企業は顧客体験を10倍向上し、創業者・オーナーの速度で運営し、インターネットが実現するイノベーションで市場をディスラプトする必要がある。創業者、家族、またはプライベートエクイティといった集中型所有構造の企業は大きな優位性を持つ。

GVG会長兼最高経営責任者(CEO)でリポートの著者であるラブ・ゴエル氏によれば「当社のインサイトは、リテール、AI、ロジスティクス、金融サービス、食品を含む十数以上の部門で4大陸・30社のデジタル市場リーダーを構築した25年に及ぶ実務経験で形作られている」。リポートの全文はリンク を参照。

▽GVG Capital(リンク )について
GVG Capitalは世界的な大手プライベートエクイティ企業で世界の最も成功している7件のデジタルトランスフォーメーションを主導し、180億ドルのスタートアップを構築し、1000億ドルの株主価値を発掘し、Apple、ウォルマート、ABInbev、Macy’s、P&G、BMW、Lojas AmericanasおよびFuture Groupなど数十のアイコン的企業のデジタル事業の立ち上げと成長を支援していることで知られる。

ソース:GVG Capital Group

▽問い合わせ先
Jonathan Wright, Hollenbeck Group
415-216-8592
jonathan@thehollenbeckgroup.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]