logo

高齢者福祉施設にて「写真パズル」導入に関する調査を実施

シャフト株式会社 2019年10月07日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

2019年10月7日

シャフト株式会社

家族等の写真付きオリジナルパズルと市販パズル、どちらをやりたいですか?
とのアンケートにオリジナルパズルを体験した全員が「オリジナルパズル」と回答

シャフト株式会社(本社:東京都調布市/代表:清水 健太郎、以下、当社)は2019年5月29日~5月30日までの期間、高齢者福祉施設にて「写真パズル」導入に関する調査を実施しました。

ご高齢者が入所・通所される施設において、娯楽の一つとしてジグソーパズルを利用する施設は多数あります。しかし、調布市内にある通所型高齢者福祉施設では、日々行う趣味創作活動の一環として、ご自身のお好きな写真をプリントした、オリジナルジグソーパズル リンクを導入、ご活用されました。


同施設に通所されている8名の方に、実際に写真付きジグソーパズルをご利用いただき、調査票調査を実施しました。娯楽玩具としてのジグソーパズルの評価。ならびに通常のジグソーパズルと、ご自身の写真を使ったオリジナルジグソーパズルの比較調査を行ったところ、以下のような結果となりました。


1.オリジナルパズルは楽しかったですか?
  →4.88(5段階評価で、数値が高い程楽しかった)
2.またオリジナルパズルを組み立てたいですか?
  →4.88(5段階評価で、数値が高い程また挑戦したい)
3.オリジナルパズルは難しかったですか?
  →3.75(5段階評価で、数値が高い程難しく感じた)
4.オリジナルパズルと市販パズル、どちらをやりたいですか?
  →体験した全員が「オリジナルパズル」と回答


市販される既成品とは異なり、ご自身、もしくはご家族等のお写真がジグソーパズルになることで、より楽しみながら取り組み可能なことが明確となっています。また、指と脳を積極的に活用するため、利用者の方から以下のようなお言葉も頂戴しました。


Aさん『パズルは生まれて初めてやったけど、すごく楽しかった!』
Bさん『20分くらいは凄く良い集中時間。脳トレになる!』

【画像: リンク 】 
【画像: リンク 】 
【画像: リンク

オリジナルジグソーパズルは、当社が独自に製作・販売する商品で、組み立て後は室内のインテリアとしてもご利用いただくことができるため、高齢者施設に適した商品です。


調査エリア:調布市内
調査対象者:高齢者福祉施設利用の82歳~88歳の男女8名(うち女性7名、男性1名)
調査方法:当社社員と施設職員様にて、パズル体験とアンケート調査を実施
調査期間:2019年5月29日~5月30日

【動画: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]