logo

プリモトイズ 購入者向け新サービスをスタート!プログラミングツール「キュベット」の発展的な遊び方をYoutubeで公開

プリモトイズ日本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社 2019年10月04日 15時45分
From PR TIMES

“英語でプログラミング“や創造力を育むクラフトなど、子どもの能力を伸ばす大人のガイド術を紹介



プリモトイズ日本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社(東京都千代田区、代表取締役 シルベスタ典子)は、3歳から小学生まで、レベルに合わせてプログラミングを学べる木製知育玩具「プリモトイズ キュベット」の購入者を対象に、発展的な遊び方を紹介するYoutube「キュベット チャンネル」を今年7月からスタートしました。1回の動画は5~8分程度で、製品登録者(プリモトイズファミリー)を対象に先行配信した後、2ヵ月後に一般公開していきます。
子どもたちはキュベットと遊びながら、自主性と創造力を発揮してどんどんレベルアップしていきます。それを見守る大人は子どもの能力をより引き出すためにどんなガイドをすると良いのか、という質問が多く寄せられていたことから、大人へのサポートを目的にサービスを開始しました。
[画像1: リンク ]

子どもをガイドして能力を引き出すヒントをたくさんお届けします。
Primo Toys Japan公式Youtubeチャンネル
リンク

<2019年9月に一般公開を開始した動画>
1、Vol. 1 ファンクションブロックを使ってみよう!
[画像2: リンク ]

ご質問の多い青いファンクションブロックの使い方、チャレンジ問題を紹介。これが使いこなせるようになると、キュベットとの冒険の世界がどんどん広がりコーディングのレベルアップができます。
リンク

2、Vol. 2 簡単な英語でプログラミング!
[画像3: リンク ]

イギリス生まれのキュベットは、英語との相性が抜群。ブロックの色やキュベットの動く方向など、簡単な単語やフレーズで「英語でプログラミング」を体験できます。英語の誉め言葉や英語版ストーリブックもご紹介。
リンク

3、Vol. 3 オリジナルマップを作って遊ぼう
[画像4: リンク ]

折り紙をつなげてキュベット専用の道を作ったり、手書きのイラストやマスキングテープを使ったマップの作り方を紹介。すごろくのように「このマスに来たら3回まわってジャンプする」など、お子さんと一緒にいろいろ工夫して遊べます。
リンク

【商品概要】
商品名: キュベット プレイセット
内容:キュベット(木製ロボット)x1、コントロールパネル(木製ボード)x1、コーディングブロックx16、ワールドマップx1、ストーリーブックx1、使い方ブックx1
[画像5: リンク ]

(上記写真:キュベットプレイセット内容)
対象年齢:3歳~小学生
価格:29,600円(税別)
開発:プリモトイズ(イギリス・ロンドン)
販売:プリモトイズ日本販売総代理店 キャンドルウィック株式会社
販売場所:公式ウェブショップ リンク  および、伊勢丹新宿本店、二子玉川 蔦屋家電、高島屋玉川店、日本橋高島屋S.C. 本館、高島屋京都店、渋谷ロフト 等全国22の小売店

プリモトイズ キュベットは、おもちゃコンサルタントが選ぶ「よいおもちゃ」として、「グッド・トイ2018」に選ばれました。その他、キッズデザイン賞(子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門)、グッドデザイン賞(ベスト100)、Amazon知育玩具学習大賞(プログラミング部門賞)を受賞するなど、専門家にも高く評価されています。
<日本国内受賞歴>
・「キッズデザイン賞 2017 子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」 
・「グッドデザイン賞 2017」ベスト100選出
・「Amazon知育・学習玩具大賞2017」 部門賞(プログラミング)
・「グッド・トイ2018」
*AmazonおよびAmazon.co.jpは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標、または登録商標です。

プリモトイズ キュベット リンク
[画像6: リンク ]

キュベットは、プログラミング先進国イギリスでデザインされた木製ロボット。
デジタル画面を使わずにコーディングの基礎を自然と身につけることができます。カラフルなブロックを木製のコントロールパネルに並べることで、自由自在に、自分が行きたい目的の場所までキュベットを動かしていきます。3歳から小学生まで、レベルアップしながら長く遊ぶことができます。
キュベットはプログラミング脳を育てることはもちろん、21世紀型スキルの向上も期待できます。答えのない問題を解決する力、答えはひとつではないと理解する力、創造とイノベーション、コミュニケーション力を刺激します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]