logo

今秋、スペイン産オリーブオイルのイベントが東京で間もなく開催

Olive Oils from Spain 2019年10月04日 13時11分
From 共同通信PRワイヤー

今秋、スペイン産オリーブオイルのイベントが東京で間もなく開催

AsiaNet 80881 (1900)


【東京2019年10月4日PR Newswire=共同通信JBN】この秋、スペイン産オリーブオイル(Olive Oils from Spain)が、オリーブオイルの宣伝のため、2年目の「オリーブオイル・ワールドツアー(Olive Oil World Tour)」を日本で開催する。2年目となるこのキャンペーンは、欧州、米国、アジアの海外および地元の旅行者に焦点を当てることを狙いとしている。

10月から11月の間、以下のイニシアチブに重点的に取り組む:

*放送向けの特大サイズと人目を引くディスプレー
1日約50万人が渋谷の交差点を横断するとみられている。計画は、1日の様々な時間帯に交差点の5つの巨大スクリーンでオリーブオイル・ワールドツアー・キャンペーンを放送するというものだ。

*羽田空港でのオリーブオイル体験ブース設置
オリーブオイルとその様々な用途と利点を宣伝するため、羽田空港第1ターミナルに幾つかのアクティビティーが用意されたインフォメーションエリアを設け、300以上のブランドを集めたエクストラバージンオリーブオイル・ショールームも開設する。このエリアは2階に設置され、ディスプレー用のパネル、リーフレット、子供向けの塗り絵と箱入りのクレヨンが用意される。

*調理実演イベント
野村大輔シェフは「宗胡」料理に専念してきた。野村氏は六本木の高い評価を得たシェフ兼レストランオーナーで、キャンペーンのアンバサダーに選出された。今年のキャンペーン戦略として、野村氏は伝統的な和食にスペインのエクストラバージンオリーブオイルを用い、メディアとインフルエンサーに披露する計画である。この調理実演は、日本の食文化にエクストラバージンオリーブオイルが完全に溶け込むことを証明する形をとりながら、健康上のメリットも提供する。計画では、この実演イベントの終了後の数週間、このメニューが「宗胡」で提供される予定である。

オリーブオイルの輸入は近年急増してきた。最近のオリーブオイル市場における欧州のシェアは95.5%に上昇した。今年上半期のスペイン産オリーブオイルは40%(2万1466トン)増加した。スペイン産オリーブオイルは多くの消費者に好評で、日本の消費量の約64%を占めている。

さらに詳しい情報は以下を参照:
リンク
リンク
リンク

Photo - リンク

ソース:Olive Oils from Spain

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]