logo

GPE2.0 Eco-Gopayモールのローンチカンファレンス、タイ・プーケットで開催=好評博す

GPE 2019年10月04日 10時27分
From Digital PR Platform


日本、東京 - Media OutReach - 2019年10月3日 – 2019年9月28日、GPE2.0エコロジカル戦略計画の重要な一部として、Gopay モールのローンチセレモニーがタイのプーケットで開催されました。この会議はGPEファンデーションとシャオバイ・インターナショナル・アライアンス・コミュニティ(Xiaobai International Alliance Community)との共催。韓国、日本、中国、タイ、ベトナム、マレーシアなど8カ国から主要コミュニティメンバーが招待されました。全参加者はこのエキサイティングな瞬間に立ち会い、内外の業界専門家や機関投資家からは肯定的なフィードバックや評価が寄せられました。


リンク



会議では、ブロックチェーン発展の歴史と、ブロックチェーンが過去、現在、未来の各ステージでもたらした(もたらす)機会について話し合われました。同時にシャオバイ・インターナショナル・アライアンスのコミュニティを拡大、増強する方法についても議論されました。最後に、「GPE2.0 Eco-Gopayモール」の革新的な発想と強力なアプリケーションが内外のコミュニティメンバーに認知されたのです。

GPEの「Stable Token」は、ブロックチェーン技術を基盤とする新たな決済アプリケーションシステムで、公正で便利、かつ安全なサービス事業向けシステムです。分散型アプリケーション・エコシステムとして、GPEのStable Tokenは、分散技術とコンセンサスメカニズムをコアとしています。これにより安定した決済エコシステムを創出し、各サイドチェーンに基本サービスを提供。このグローバル決済エコシステムがトークンメカニズム、そしてそのスケールに紐付いている限り、エコロジーとパフォーマンスは無限に拡張する可能性があるのです。つまり、この完璧なインフラにおいては、エコロジカルな発展の権利が市場により多く与えられ、エコロジカル通貨であるGPEに安定した利用シナリオが与えられます。

Gopay モールは、GPE 2.0エコシステムには不可欠の部分です。GPEユーザーはGPEトークンに対応している店舗(オンライン・オフライン)でGPEを利用でき、GPEの送金によりサービスを購入することができます。Gopay モールはGPE利用者のディスカウントリベートなどの提供も開始する計画です。このオンラインモールでは、ブロックチェーンの分散技術を利用し、利用者がモールのオーナーになることが可能です。

従来の電子商取引(Eコマース)の決済シナリオをブロックチェーン技術と組み合わせることで、デジタル通貨のショッピング、マイニングなどの機能が、一つのブロックチェーンEコマースシステムに組み込まれます。GPEのGopayモールは強力なオフラインでのエクスペリエンスサービスと効率的なブロックチェーンによるインターネット金融を統合して、すべての利用者や事業者により効果的で価値の高いスマートサービスを提供します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]