logo

PGF生命、「ご契約内容のお知らせ」に音声案内電子サービスを導入

プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社 2019年10月03日 14時35分
From 共同通信PRワイヤー

2019/10/03

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)

「ご契約内容のお知らせ」に音声案内電子サービスを導入

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社、代表取締役社長 兼 CEO 阪本 浩明)は、高齢者や目が不自由なお客さまへのサービス向上の一環として、2019年10月より、年に一度全ての契約者さまに送付する「ご契約内容のお知らせ」の封筒および送付物の一部に「音声コード(Uni-Voice=ユニ-ボイス)」*1を用いて、保障内容を読み上げる音声案内電子サービスを導入いたします。

音声案内電子サービスは、スマートフォン・タブレット用のアプリケーション(無料)または活字文書読み上げ装置を使用して音声コードを読み取ると、文字情報をテキスト表示するとともに音声にて読み上げるサービスです。「ご契約内容のお知らせ」において、お客さま一人ひとりのご契約内容にあわせて、保障内容を音声で案内するのは生命保険業界で初の取り組みとなります*2。
なお、目が不自由なお客さまは、切り欠きの入った封筒および書面の形状から音声コード付きであることを認識することができます。

当社ではこれまでも、目が不自由なお客さまに対し、保険証券や「ご契約内容のお知らせ」において点字でのご案内を行うほか、耳や言葉が不自由なお客さま専用の窓口「PGF生命手話(筆談)・チャットサービス」を開設するなど、障がいのあるお客さまが、ご加入後も安心してご契約を継続していただけるよう、さまざまなサービスを導入しております。
今後も引き続き、障がいのある方をはじめ、ご高齢によって目や耳が不自由になった方へ本サービスのご案内を進めるとともに、すべてのお客さまに質の高いサービスをご提供できるよう取り組んでまいります。

*1 JAVIS(日本視覚障がい情報普及支援協会)が開発した漢字を含む文字データを約800文字記録できる携帯電話対応2次元バーコードです。スマートフォン・タブレット(iOS、Android)用の「Uni-Voice」アプリケーション(無料)でご利用いただけます。利用手順等の詳細は別紙をご参照ください。
*2 2019年9月、当社調べ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]