logo

最先端AI技術開発のアラヤ、住友商事マシネックスと資本業務提携し、AIによる製造業の課題解決に本格参入

株式会社アラヤ 2019年10月03日 11時00分
From PR TIMES

~製造業を中心に、AIを利用したデジタル化を共同で開発・提案~

AI(人工知能)の技術開発・ソリューション提供を手掛ける株式会社アラヤは、住友商事マシネックス株式会社と資本業務提携契約を締結いたしました。



 AI(人工知能)の技術開発・ソリューション提供を手掛ける株式会社アラヤ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:金井 良太、以下 アラヤ)は、住友商事マシネックス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:佐橋 明三、以下 住友商事マシネックス)と資本業務提携契約を締結いたしました。
[画像1: リンク ]

 両社はこれまでも、製造業へ共同でソリューション提案を行うなど共に活動をしており、今回の資本業務提携はそれをより強化するものです。今後も引き続き、製造業を中心に、AIを利用したソリューションやプロダクトを共同で開発・提案して参ります。

■市場:製造業を中心にAI導入需要の増加
 製造現場では、人手不足や労働環境改善などが大きな課題であり、またビジネスを加速させるための既存事業の高度化・新規事業開発へのニーズが高まっています。こうした背景から、AIの需要は世界的に非常に増加し、2030年には約87兆円市場に成長するとみられています(※1)。

■アラヤの持つ最先端のAI技術
 アラヤは、特に画像認識における「ディープラーニング」の高い技術があり、それを生かして多くの製造業における受託開発を行ってきました。実績のあるAIアルゴリズムは、製造現場等の幅広い課題に応用が可能になります。
 また「エッジAI」領域において、独自のAI圧縮技術を有しております。製造現場においては、例えば産業ロボット等でAIをより高速に動かすことも実現させることが可能になる見込みです。
 さらに、「自律AI」の研究開発も進めており、ドローンやロボット等が自律的に動くことを目指しています。製造現場では、人が作業するには危険な箇所の点検作業をドローンが行うようなことも想定しています。

■住友商事マシネックスの持つ豊富な生産現場・設備の知識と販路
 住友商事マシネックスは、製造業・建設業をはじめとした1500社超の取引先にさまざまな設備、ソリューションを提供しています。その豊富な実績から、生産現場や生産設備に関する、広範囲にわたる知識とノウハウを有しています。

■提携および出資に関する、住友商事マシネックス株式会社 代表取締役社長 佐橋 明三様のコメント
 この度のアラヤとの資本業務提携により、両社がぞれぞれの強みを活かし、取引先の皆さまに新たな価値を提供できるものと確信しております。産業界に存在する様々な課題に対応し、解決に貢献する事が弊社の会社使命と考えております。アラヤの先進的なAI技術を駆使し、産業インフラの高度化、安定化に、住友商事グループのネットワークを最大限に活用し貢献して参りたいと思います。


[画像2: リンク ]


■「日経 xTECH EXPO『デジタルものづくり2019』」に共同出展いたします
 アラヤと住友商事マシネックスは共同で、「次世代AIを『ものづくり』の現場に!」をテーマに、製造業における新しいAIソリューションを提案いたします。ブース内で、最新のAI技術や活用例などについてのセミナーや、自律飛行ドローンのデモなどを行う予定です。
【開催概要】
会期: 2019年10月9日(水)~10月11日(金)
会場: 東京ビッグサイト 西1-4ホール
主催: 日経BP

<株式会社アラヤ 会社概要>
会社名:株式会社アラヤ
代表取締役社長:金井 良太
所在地:〒107-6024 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル24階
URL:リンク

<住友商事マシネックス株式会社 会社概要>
会社名:住友商事マシネックス株式会社
代表取締役社長:佐橋 明三
所在地:〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル10・11階
URL:リンク

※1:EY総合研究所調べ

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アラヤ  広報担当:大江(オオエ)
リンク
support@araya.org

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]