logo

NSSOL、Microsoft Azureへの移行効果を可視化するアセスメントサービスを提供開始


日鉄ソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下、NSSOL)は、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」への既存システムの移行を効率化するアセスメントサービスを2019年10月より提供開始します。アセスメントにより既存システムの状況を把握し、移行シミュレーションを行うことで、TCOやセキュリティ、運用負荷などに対するパブリッククラウド移行による効果を可視化します。

<Microsoft Azureの導入プロセス>
リンク

業種問わずデジタルトランスフォーメーション(DX)が必須の時代となり、DXに対応するための柔軟で迅速に調達できるITインフラとして、パブリッククラウドの活用が企業競争力の鍵となっています。一方で経済産業省の「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」で言及されている通り、老朽化・複雑化している既存システムの維持管理がDXを阻害しています。既存システムの改修・刷新の際にパブリッククラウドに移行しようとしても、TCO算出や移行方式の検討が進まずクラウド化の判断が遅れる企業が多く存在しています。アセスメントにより既存システムを棚卸しし、移行前後のコスト差異を可視化することで、効率的なクラウド移行を実現できます。

<レポートの一例>
(1) 既存システム・サーバー環境の概要
対象範囲のシステム・サーバー毎の稼働状況や保守状況、OSバージョンなどを整理し、可視化します。
リンク

(2) Microsoft Azure移行順位
クラウド移行の推進要素と阻害要素の点数付けをし、ランキング形式で提供します。移行スケジュールの策定に活用いただけます。
リンク


(3) Microsoft Azure利用料試算
システム毎のMicrosoft Azure年間利用料を試算します。実測値を元に算出するため、より実運用に近い試算結果をご確認いただけます。
リンク

Microsoft AzureはAI・機械学習やIoT・ビッグデータの活用によりイノベーションを生み出すSaaS・PaaSから、既存システムの移行に優れたIaaSまで幅広く展開しており、企業のITを支えています。NSSOLはミッションクリティカルシステムを支えるマネージド・クラウドサービス「absonne(アブソンヌ)」を12年に渡り提供してきたノウハウを活かし、Microsoft Azureを始めとするマルチクラウド環境のコンサルティングから設計、移行、構築、運用までを一貫して提供しています。アセスメントサービスにより既存のIT環境を可視化し、サーバーの構成や稼働状況、導入ソフトウェア、セキュリティ上の課題を明らかにすることで、最適な移行戦略を提案します。

NSSOLはMicrosoft Azure移行に限らず、IT組織変革、運用改善など、お客様の課題に合わせたソリューションを組み合わせて提供することにより、お客様のDXを加速させます。NSSOLはこれからもお客様のITパートナーとして企業価値向上に貢献するべく、時代の変化に対応した最適なソリューションを提供して参ります。

本プレスリリースについて、日本マイクロソフト株式会社よりエンドースメントを頂いております。 
【エンドースメント】
日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長 安藤 浩 氏
日本マイクロソフトは、この度の日鉄ソリューションズ株式会社様のMicrosoft Azureへの既存システムの移行を効率化するアセスメントサービスの提供開始を心より歓迎いたします。現在、多くのお客様で事業競争力強化のために既存の情報システムインフラの大規模な刷新および再構築のニーズが高まっておりますが、既存システムの棚卸や投資対効果の可視化が課題となっております。今回のアセスメントサービスがこのようなお客様の課題を解決し、迅速かつ効率的にパブリッククラウド環境の利用開始と活用が促進されることを期待しております。
今後も日本マイクロソフトは、日鉄ソリューションズ株式会社様との強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]