logo

スマホを持たない子どものための音声メッセージロボット「Hamic BEAR」が2019年度グッドデザイン賞を受賞!

Hamee 2019年10月02日 13時30分
From PR TIMES

Hamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、東証一部:証券コード 3134、以下、Hamee)は、当社が開発・販売する子どものための音声メッセージロボット「Hamic BEAR(はみっくベア)」が「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン復興会)を受賞したことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

グッドデザイン賞公式サイト:リンク
Hamic BEAR(はみっくベア)公式サイト:リンク

■製品概要
本製品は、Wi-Fi環境で、スマ―トフォンを持たない子どもが簡単に音声メッセージを送れるIoT製品です。「Hamic BEAR」の頭をタップし、隣にいる友だちみたいに話しかけるだけで、簡単に音声メッセージを送ることができます。「Hamic BEAR」同士で、あるいはお手持ちのスマートフォンと「Hamic BEAR」でメッセージのやりとりが可能です。
また、保護者がそばにいなくても、子どもがいつ誰とどんな会話をしたのかをリアルタイムで見守ることができるので、とっても安心。
スマホを持たない子どもたちが、友だち、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんなど、たくさんの人たちと自由につながることを可能にした、遊び心あふれる音声メッセージロボットです。

■デザインのポイント
・メッセージ送信仕様を、子どもが直感操作できるよう、物理スイッチと音声認識、録音の組合せで実現しました。
・人が触れる箇所に安全性の高いプラスチック素材を採用。触感にもこだわりました。
・子供だけでなく大人も愛着が持てるよう、クマを採用しつつインテリアに馴染むデザインとしました。

■グッドデザイン賞審査員による評価コメント(URL:リンク
キャラクターのプロポーションがキュートでかわいい。リビングなどに置いても、違和感のないのが嬉しい。子供が扱いやすいデザイン、サイズ感に仕上がっている。使い方も簡単で、親に音声メッセージを送れるのは便利。また、親側は必ずしも音声を聞ける場所にいないかもしれないが、音声を聞かなくても、テキストに変換されて、文字でメッセージを確認できるというのも評価に値した。

[画像2: リンク ]


【ご参考】
■グッドデザイン賞について (URL:リンク
公益財団法人日本デザイン復興会が主催する、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなどを対象に、毎年デザインが優れたものごとに贈られる賞であり、1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれています。審査と多様なプロモーションを通じて、デザインにできること・デザインが活かされる領域を広げ、社会を豊かに、そして創造的にすることを目的としています。

■販売店舗
スマホケース・アクセサリー専門店 Hamee
Hamee本店
リンク
Hamee 楽天市場店
リンク
Hamee Amazon店
リンク
他 Yahoo!ショッピング店、Wowma!店等、Hamee運営ECサイト(通販サイト)にて販売

■会社概要
会社名 : Hamee(ハミィ)株式会社 (東証一部 証券コード: 3134 )
URL  : リンク
設立  : 1998年5月
代表者 : 代表取締役社長 樋口敦士
所在地 : 神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2
事業内容 : SaaS型ECプラットフォーム開発運営
モバイルアクセサリーの開発、ネット通販・卸販売・輸出入、海外通販サイト運営

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]