logo

LAEVO社への出資に関するお知らせ

株式会社加地 2019年10月03日 09時42分
From 共同通信PRワイヤー

2019年10月2日

株式会社加地

LAEVO社への出資に関するお知らせ

株式会社加地(本社:島根県仁多郡奥出雲町、代表取締役社長:小川要、以下「加地」)は、LAEVO BV(本社:オランダ デルフト、CEO:Rogier Barents)に出資する運びとなりましたことを、お知らせいたします。

【画像: リンク

加地とLAEVO BVは作業時に腰にかかる負担を軽減する装具”レイボ(LAEVO)”の共同開発を2015年より開始し、2018年には加地がアジア地域での代理店としてレイボの展開を開始しました。

加地はユニークな装具であるレイボの展開を進めるとともに、出資を通じてLAEVO BVの開発能力向上も支援して参ります。
また加地の主力事業である”エクスジェル(EXGEL)”を用いた作業現場での負荷軽減も併せて提案し、労働環境の総合的な改善を目指し事業展開していく計画です。

レイボについて

レイボは身体的に負荷のかかる作業時に、腰への負担を軽減する目的で設計された装具です。
バッテリーを必要とせず、パッシブエクソスケルトン(受動的な外骨格)と呼ばれるカテゴリーの製品です。
そのシンプルな構造と機能が運輸、工場、農業、医療福祉など様々な作業現場で評価され、展開が広がりつつあります。
作業者の負担軽減は世界中でニーズが高まっており、それに伴う需要も伸長しています。
LAEVO BVはオランダのデルフトで2013年に設立され、このレイボの開発と販売でグローバルに成長を続けています。

【画像: リンク

レイボWEBサイトはこちら リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]