logo

複数のブロックチェーン基盤に対応可能なサイドチェーンSKALEを展開するN.O.D.E. Anstaltへ出資


リンク

 株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)は、 投資子会社であるRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.を通じ、複数のブロックチェーン基盤に対応可能なサイドチェーンSKALE(スケール)を開発するN.O.D.E. Anstalt (ノード・アンスタルト、本社:Liechtenstein、CEO:Jack O’Holleran)への出資を行いました。

――――――――――――――――――――
1. 背景
――――――――――――――――――――

 既存のブロックチェーンシステムは、不動産や保険など、契約・手続きの条件確認から履行完了までの処理を自動化をする「スマートコントラクト」を実行する際、送金などのトランザクション処理件数に限界があることにより、トランザクションが遅延するなどの課題が存在します。そのため、ブロックチェーン技術の普及に不可欠なスケーラビリティが課題となっています。

――――――――――――――――――――
2.N.O.D.E. Anstaltへの出資について
――――――――――――――――――――

 N.O.D.E. Anstaltの親会社であるN.O.D.E. Foundationは、ブロックチェーンのスケーラビリティの課題を解決するサイドチェーンであるSKALEを開発しました。

 SKALEは”Elastic Sidechains”と呼ばれる、ユーザーの設定に応じてサイドチェーンのネットワークを構築できる仕組みを搭載しており、複数のブロックチェーン基盤に対応可能なサイドチェーンの展開が可能になります。この技術によって、ブロックチェーンのスケーリングの課題解決、マスアダプションの促進が期待されています。

 同社は今後、対応するブロックチェーンの種類を増やしていくことで、より汎用性高く、様々なブロックチェーンのスケーリング問題の解決を推進していきます。

 リクルートは今回の出資を通じて、同サービスの品質向上及び利用拡大を支援し、SKALEは今回の資金調達により、販促活動、機能開発の強化、展開地域や事業の拡大を行っていく予定です。

(1)商号:N.O.D.E. Anstalt(親会社:N.O.D.E. Foundation、開発:SKALE Labs)
(2)代表者:Jack O’Holleran
(3)所在地:Liechtenstein
(4)設立:2019年4月
(5)主な事業内容:サイドチェーンSKALEに関する資産の管理
(6)Webサイト:リンク

――――――――――――――――――――
3.RSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.について
――――――――――――――――――――

 RSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.は、リクルートグループのブロックチェーン技術における新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘及び事業機会を獲得し、同技術の発展と普及への貢献を目指します。

(1)商号:RSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.
(2)代表者:村井宏行
(3)所在地:シンガポール
(4)設立:2014年11月
(5)主な事業内容:投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業


▼株式会社リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]