logo

バス・飲食店・観光施設で優待が受けられる企画きっぷをモバイルチケット化

ジョルダン株式会社 2019年10月01日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2019年10月1日

ジョルダン株式会社

ジョルダン株式会社
新たに大分市で「観光型MaaS」モバイルチケットの販売を開始

ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は、2019年10月1日より、大分バス株式会社が紙チケットで運用する「1日バス乗車券ワイド」をモバイルチケット化し提供を開始します。

「観光型MaaS」の取り組みとして、地元の飲食店や観光施設を優待で利用できる「おおいた1DAYパス」も同時に提供を開始し、国内外からの観光客の「お得で楽しい大分の旅」を支援します。

大分市には、今秋開幕したラグビーの国際大会のため、国内外より多くの来場者が見込まれていますが、本サービスにより、利用者は、多言語に対応したアプリで、企画きっぷの購入を行い、そのままスマートフォン1つでバス・飲食店・観光施設の優待利用が可能となります。

なお、バス乗車券にはジョルダンが日本での総代理店契約をしているMasabi社のモバイルチケッティングサービス「Justride」(ジャストライド)が採用されます。

モバイルチケットの販売期間は、2019年10月1日~2019年10月31日、大分市内でバス利用に使える「1日乗車券ワイド」および、さらに飲食などの優待サービスを付加した企画きっぷ「おおいた1DAYパス」が対象となります。利用者は、アプリでキャッシュレスでチケットを購入できます。

なお、「観光型MaaS」のモバイルチケットの概要は別紙のとおりです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]