logo

地域の活性化を目的とした「無人駅の活用」 クラウドファンディングプロジェクトを9月30日よりいよいよ開始!

JR東日本スタートアップ株式会社 2019年10月01日 11時40分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二)とJR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:柴田裕)は、「JR東日本スタートアッププログラム2018」で採択した株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:家入一真)と、「地域にチカラを!プロジェクト」と題し、「地域商品開発」「無人駅の活用」の2つのテーマで新規事業案を募集しました。このたび、応募の中から選ばれた「無人駅の活用」部門の2プロジェクトを対象に、CAMPFIREにて資金調達を2019年9月30日(月)より開始いたします。

1.「地域にチカラを!プロジェクト」について
「地域にチカラを!プロジェクト」は、地域の活性化を目的に、CAMPFIREがクラウドファンディングのプロジェクト立ち上げをサポートし、JR東日本はネットワークを生かしたPRをサポートする、共同のプロジェクトです。
2018年12月から約1ヵ月間、「地域商品開発」と「無人駅の活用」の2つのテーマで、地域をより元気に、より魅力的にするアイディアの一般公募を行いました。今回は「無人駅の活用」部門への36件の応募の中から、JR東日本とCAMPFIREが選出した2件のプロジェクトを開始します。

●一般社団法人次世代漆協会による、山田線上米内(かみよない)駅(岩手県盛岡市)のプロジェクト
「イーハトーブの里山に、無人駅を活用したカフェと工房を作りたい!」

●有限会社ストカによる、信越本線帯織(おびおり)駅(新潟県三条市)のプロジェクト
「無人駅を活用して燕三条地域の産業発信地と交流拠点にしたい」

それぞれのプロジェクトにおいて、JR東日本は地域の活性化の舞台として、地域の企業・団体に対して無人駅の駅舎の貸付けを行います。また、地域の企業・団体は、準備・運営に必要な資金の一部について、CAMPFIREのプラットフォームを利用してクラウドファンディングでの資金調達に取り組みます。
クラウドファンディングの募集期間は2019年9月30日(月)~11月29日(金)です。

▼地域にチカラを!プロジェクト 特設ページ     
リンク

2.「無人駅の活用」部門に選出された2件のプロジェクト

●一般社団法人次世代漆協会による、山田線上米内(かみよない)駅(岩手県盛岡市)のプロジェクト
「イーハトーブの里山に、無人駅を活用したカフェと工房を作りたい!」
リンク
(9月30日(月)午前11時より公開予定)

漆増産に取り組む上米内(かみよない)地域の鉄道駅において、列車の待合所としての役割に加え、飲料の提供と漆工房があるカフェ、産直やイベントのできる場所、地域を元気にする賑わう拠点を作ります。
[画像2: リンク ]

●有限会社ストカによる、信越本線帯織(おびおり)駅(新潟県三条市)のプロジェクト
「無人駅を活用して燕三条地域の産業発信地と交流拠点にしたい」
リンク
(9月30日(月)午前11時より公開予定)

ものづくりの町として高い技術力を持った企業が集まる燕三条地域だからこそできる、無人駅をリノベーションした地域産業の発信拠点とものづくりができる交流拠点を作ります。
[画像3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]