logo

「DXレポートからERPリニューアルを考察する」

業界トップランナーの鍋野敬一郎氏のコラム

日商エレクトロニクスは業界トップランナーの鍋野敬一郎氏のコラム「DXレポートからERPリニューアルを考察する」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。
###
 最近システム関連で話題となっているのが、2018年9月に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」で公開した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開』というものがあります。(通称“DXレポート”、DXとは、デジタルトランスフォーメーション:デジタル業務改革の意味)

 これは、老朽化した企業の基幹システムを放置することが企業の国際競争力を大きく損なうことに繋がるという内容のレポートです。「2025年の崖」というのは、企業が老朽化した基幹システムをそのまま更新することなく放置した場合、日本企業の国際競争力が低下して、その結果年間12兆円規模の経済的損失が生じる可能性があるという問題点を指摘しています。今回は、この“DXレポート”をテーマとして、企業がDXにどのように取り組むべきなのかと、その中心になる企業の基幹システムつまりERPシステムの再生とDXの実践をどのように実現すれば良いかについて3回に分けて説明していきたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]