logo

テラスカイ、CRMと連携したLINEのマーケティングソリューション『OMLINE-O』を2019年8月から提供開始

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、SalesforceからLINEによるOne to Oneメッセージを配信するマーケティングソリューション『OMLINE-O(オムリン オー)』を、2019年8月1日から提供を開始します。

『OMLINE-O』は、世界をリードするクラウド型CRMソリューションであるSalesforceとLINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」を連携し、LINEのメッセージ配信からユーザーの管理まで、LINEを使ったマーケティングやカスタマーサービスをSalesforceで一元管理できるサービスです。
国内において月間8,000万人以上が利用するLINEは、Eメールと比較し、メッセージの閲覧率が高く即時性が強いのが特長です。Salesforceの顧客情報を基に、顧客ごとに適切なOne to OneのLINEのメッセージを送信することで、従来のアウトバウンド施策に比べ高いマーケティング効果を見込めます。

■『OMLINE-O』の主な活用ケースと効果
・顧客単価の向上
Salesforce上の購入履歴や属性といったセグメンテーションに従い、キャンペーンのお知らせや店舗への来訪を促すクーポン配信などのマーケティング施策を行うことができます。LINEの特長である即時性と開封率の高さから、キャンペーンの周知などに効果的です。

・顧客維持・ブランディング
新商品の案内をはじめ、製品情報の周知に活用できます。画像での訴求が可能なこと、継続的なコミュニケーションが取りやすいことから、製品や企業イメージを構築するブランディング手段としても、有効です。

・顧客満足度の向上
Salesforceに登録されているお客様の契約情報によって、サービスや契約に関するお知らせの連絡に使えます。Salesforceに登録されている項目や値をテキストメッセージの中に差し込んで送信することも容易に行えます。日常的に利用しているLINEのプラットフォーム上で情報の確認を行えるため、利便性が高く、顧客満足度の向上に貢献します。

■提供価格(税別)
以下サイトにてご確認ください。
リンク

テラスカイでは、Salesforceを利用しているB to C企業を中心に本サービスの需要があるとし、サービス開始から2年間で100社への導入を見込んでおります。Salesforceと一元管理できるLINEのアウトバウンドに特化した競合ソリューションが少ないこと、また中小企業でも導入しやすい価格設定を行っていることが差別化要因であり、売り上げ規模や業種問わず、すでに複数の問い合わせを受けています。

以下、コメントを頂戴しました。
【株式会社セールスフォース・ドットコム
執行役員 アライアンス本部 AppExchangeアライアンス部 部長 北原 祐司 様】
『OMLINE-O』の提供をテラスカイが開始することを歓迎します。Salesforceを利用し、LINEをコミュニケーションツールとして使われている企業は多く、本サービスによってSalesforceとLINEのご利用価値を高め、効果あるアウトバウンドマーケティングができることと、大変期待を寄せております。

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず4,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16階
設立:2006年3月
資本金:11億2,849.7万円(2019年5月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: リンク
証券コード:3915(東証一部)

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]