logo

メンバーズ、全拠点でテレワーク制度を導入、政府主催「テレワーク・デイズ2019」への参加を決定

メンバーズ 2019年07月10日 11時40分
From PR TIMES

~7月24日~8月6日の2週間晴海本社への出社を禁止、2020年夏の世界的スポーツイベントに向け東京拠点に勤務する社員全員で参加~

企業のデジタルマーケティングを支援する株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 剣持 忠、以下「メンバーズ」)は、東京で開催される2020年夏の世界的スポーツイベントに先立ち、政府主催の「テレワーク・デイズ2019」の取り組みに賛同し、東京拠点に勤務する社員全員で参加します(※1)。特に、7月24日~8月6日の2週間は晴海本社への出社を禁止とすることで、大会期間中の混雑緩和に貢献することに加え、出社しないことによる課題を把握しどのような働き方が最適なのかチームで検証、検討します。
また、その後も原則利用無制限のテレワーク制度を全拠点で導入し、既存社員だけでなく今後増えていく社員に対しても、柔軟な働き方を促進していきます。



[画像: リンク ]

●テレワーク・デイズ2019とは
・テレワーク・デイズ2019 公式Webサイト:リンク

●背景
東京で開催される2020年夏の世界的スポーツイベントでは、東京本社を構える晴海周辺は大幅な交通混雑が予想され、出社が困難であるとかねてから予想されております。加えて、競技場までのルートに入る大井町オフィスや神田オフィスへの通勤にも影響が出ると想定されるため、メンバーズは率先してテレワーク・デイズに参加し、大会期間中の混雑緩和に貢献します。
また、今回の実施期間では晴海本社への出社を禁止とすることで下記のようなメリットがあると考えています。



チームメンバー全員がテレワークを体験することによる課題把握・解決
生産性、効率の上がる仕組みをチームで検証可能
通勤のストレス軽減



また、メンバーズはこれまで東京と地方拠点をワンチームとしたWeb会議システムでの業務推進、シンクライアントPCやBYOD(Bring your own device)によるモバイルワーク、育児介護両立支援のための在宅勤務制度の拡充などのテレワークを推進し、働き方改革(※3)、女性活躍推進(※4)に取り組んできました。これまで、育児・介護の一部対象社員のみに適用していた在宅勤務を、今後事由を問わず全社員へ導入することで、「テレワーク=特別な働き方」ではなく「テレワーク=1つの選択肢」として自身の事情に合わせて日常的に制度を活用できるようにします。そして、既存社員だけでなく今後増えていく社員に対しても、メンバーズらしい柔軟な働き方を促進し、ワークライフバランスを実現します。


※1. 一部社員に対して利用制限あり。
※2. メンバーズ、3カ年計画「みんなのキャリアと働き方改革」を推進 月平均残業時間15時間と年収27.5%アップを同時実現し、通期業績において売上利益とも過去最高を更新 リンク
※3. メンバーズ、社内の女性活躍推進3カ年計画に取り組み、女性管理職比率3割超、対象男性社員の育児両立支援制度利用率5割超実現 リンク


●株式会社メンバーズ(証券コード:2130 東証第一部)
所在地:東京都中央区晴海一丁目8番10号 晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階
代表者:代表取締役社長 剣持 忠
資本金:885百万円(2019年3月末時点)
URL:リンク
Facebook:リンク
Twitter:リンク


●本リリースに関するお問い合わせ
株式会社メンバーズ
HRエンゲージメント室 上野
TEL 03-5144-0660 / mail: press@members.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]