logo

Dynabook株式会社  2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言

Dynabook株式会社 2019年07月09日 22時07分
From 共同通信PRワイヤー

2019年7月9日

Dynabook株式会社

Dynabook株式会社  2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言


Dynabook株式会社〈本社:東京都江東区 代表取締役社長兼CEO:覚道清文(かくどうきよふみ)〉は、2019年7月9日(火)にベルサール新宿グランドにて「dynabook Day 2019」を開催し、『2019年サービス事業戦略発表会』内で2021年度中に国内株式市場への上場目標を宣言しました。


【画像: リンク

2019年1月1日、Dynabook株式会社に社名変更以来、「コンピューティングとサービスで、世界を変える」というビジョンをもとに、サービス、ライセンス、ソリューション商品の販売から、サポートに至る全てを一社で事業化し、国内のBtoB市場において、様々なお客様に豊富なサービス、ソリューションメニューを提供してきました。
 
 本発表会では、Dynabook株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 覚道清文が登壇し、2019年度のDynabook社のサービス事業拡大を図る戦略の発表を行い「『サービス事業拡大戦略』に則り、5つの施策を強力に推し進め、サービス事業の拡大を図ってまいります。これにより、 「dynabook as a Computing」と、「dynabook as a Service」の両輪を強化し、事業拡大にまい進し、2021年度中の国内株式市場への上場を目指してまいります。」と述べました。

 また、「dynabook as a Computing」をテーマに、30周年記念モデルの「dynabook Gシリーズ」の薄型・軽量・長時間・安心・堅牢といったコンセプトを引き継いだ『dynabook S73 (法人向けモデル7月8日発表) 』も同発表会にて紹介しました。
同時にBtoB向けの新商品ラインアップとして多様な働き方をサポートするLTEやタッチ対応、2in1モバイルなどの各モバイルPCの紹介も行いました。

【dynabook  サービス事業拡大戦略】

・国内サービス商品をサービス/デバイス/プラットフォームの3つに体系化。
 それぞれを組み合わせることで、お客様に最適な提案をワンストップで提供。

・サービス/ソリューション商品を強化し、事業領域を拡大。
 年度内には、豊富なメニューをからめた「サブスクリプションメニュー」へ展開予定。

・シャープグループとして総合力を活かして連携強化。
 8Kエコシステムを構成するデバイス・サービスの創出。

・社外の企業とも積極的に連携。
 クラウドサービスの分野で、Microsoft社との連携強化。

・国内サービス/ソリューション商品の展開地域を海外に拡大。


◆『dynabook  S73 』の主な特徴 
・30周年記念モデル「dynabook Gシリーズ」のコンセプトを継承。
 「妥協のない、強さと軽量化、速さと駆動時間、拡張性とセキュリティ 」
・プラスチック筐体ながらも、堅牢設計を実現。30CC防滴に対応。
・IGZO液晶搭載FHDモデル、LTEモデル、タッチ対応モデルなど多彩なモデルバリエーション
 ※商品の詳細は、リンクをご覧ください。 

当日、『dynabook Day 2019』では、「dynabook as a Service」と「dynabook as a Computing」についての展示提案会も実施しました。当日の展示会商品は、2019年7月19日(金)開催の『デジタル展示会』にてご確認頂けます。

「dynabook デジタル展示会」の詳細情報はこちら
リンク
      






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]