logo

Artprice : 「トゥルーズのCaravaggio」が予定されていた公開オークションに姿を見せない運びになりました

Artprice 2019年07月02日 11時43分
From 共同通信PRワイヤー

Artprice : 「トゥルーズのCaravaggio」が予定されていた公開オークションに姿を見せない運びになりました

AsiaNet 79412


パリ、2019年6月27日/PRニュースワイヤー/ --

この作品の公開オークションは、6月27日木曜日のフランス時間18時に予定されていました。販売規約にしたがい、オークションへの参加を希望する者は、「販売日の少なくとも15日前までに必ず入札者として登録」しなくてはなりません。Thierry Ehrmannは、「すなわち少なくとも6月13日以降、あらゆる入札者が売り手によって把握されていたことになる」と補足します。残すは、もっとも高額を提示した入札者のもとに絵画が渡るのみとなっていました。「賽は投げられ」ていたことになります。  

しかし公開オークションの48時間前に、オークションがキャンセルされるというどんでん返しが起こりました。話し合いによる取引合意が結ばれたのです。公式発表によれば、「絵画の所有主に伝えないわけにいかない申し出」があったということです。この公式発表は、このうえなく簡潔な説明にとどめられています。「オファーが一流美術館に近い筋のコレクターから成されたことが、売り主がこれを承諾する決め手となりました」。

これは、売り主、美術鑑定の専門家Eric Turquin、オークションを担当するMarc Labarbeの三者にとってはもっともハッピーエンドな帰結であったのかもしれません。その取引額(非公開)が、作品が間違いなくCaravaggioのものだという証明になりうるでしょう。また美術館に近い筋という匿名の買い手は、世界でもっとも格式高い美術館で近々作品を展示するという意思を明らかにしています。
「世界のもっとも格式高い美術館」とはいうものの、実際にそれがどの美術館であるのかはわかりません。ただ、この絵画に背を向けたルーヴル美術館でないことだけは確かです。このルーヴルの判断に対し、Eric Turquinはル・ポワン誌上で「私にとっては非常に受け入れがたいものであった」と打ち明けています。実際に、公式発表は「外国人コレクターによって購入された作品は、フランスの地を離れる」ことを明らかにしています。その行き先は、売り手にとって第二の関心事であったと想像されます。第一の関心は、やはり販売額でしょう。さもなければ一流美術館との間で直接に同意が交わされていたはずです。

売り手の観点からみれば、この販売は徹頭徹尾成功を収めたことになります。しかしながら透明性の観点に立てば、状況は尋常ではないやり方で一変されたことになります。売り手は、100%公開制、最低落札額非設定、あらゆる人がオークションを見学できるようにインターネットでのライブ配信を行うという「正真正銘の」オークションを希望していました。そして絵画の最終価格は、市場が作品の真正性を判断するための糧だと考えられていました。しかしながら、取引額が明らかにされることのないままにすべての幕が閉じられ、その額は永遠に封印されてしまいました。

去る6月17日月曜日に、サザビーズがパブリックマーケットから手を引くことを表明しました。そしてその1週間後に、今年一番の注目を集めていた作品が突如として公開オークションから姿を消しました。Artpriceは、いずれのケースにおいてもアート市場が守秘性を必要としているように受け取っています。
Eric Turquinは、販売カタログ内で協力者に対する謝辞を次のように述べています。「ご協力くださった同業者の専門家各位、そして修復家、額縁業者、銀行業者、保険業者、写真家、輸送業者のみなさまに、この場を借りて感謝の意を表します。みなさまが職業上の守秘を厳守して尽力くださったことにより、われわれは公明正大に任務を遂行することができました。」

5年におよぶ作業、研究、断固とした意思の追求の末に、「この絵画は、世界でもっとも格式高い美術館に行くことになりました。しかし私にとってはこの結末だけが重要な意味を持ちます」。  

美術史における同作品の重要さを考慮したArtpriceは、その表舞台への再登場をつぶさにフォローしていきます。また、今や完全に「トゥルーズのCaravaggio」ではなくなったこの作品が、歴史的となるはずであったオークションの直前に合意販売されたことについて、さらなる解明を試みたいと考えています。これまでになくArtpriceが使命とするアート市場における透明性の浸透が要されているといえるでしょう。

著作権:1987-2019 thierry Ehrmann www.artprice.com

アーティスト関連のさらなる無料サービスをご覧ください。
リンク
弊社のサービス:
リンク

Artron について
2009年から提携を結ぶArtronとArtpriceが、2018年に歴史的な意義を持つことになる「アートのための新シルクロード」協定を創出しました。このイニシアティブは、中国が2013年に始動させ、ヨーロッパでは「新シルクロード」として知られた「一帯一路(BRIもしくはOBOR)」の指針に即しています。

Artpriceは世界各国をフォローし、とりわけ中国ではArtron Art Group (Artron、1993年に現在最高責任者を務めるWan Jieによって設立)との緊密な提携体制をベースに活動しています。Artronは、世界最大の美術書出版社であり、6万冊におよぶ書籍やオークションカタログを出版し、年間出版量は3億万冊に上ります。

Artron.Netは、中国の芸術作品において世界で最も信頼を集めています。Artron.Netは300万人以上のアート専門業者メンバーを擁します。世界のアートに関するグローバルリーダーとして、ナンバーワンに輝くウェブサイトには、1日あたり平均1500万人のビジターを集めています。

Artpriceについて
アートプライスは、ユーロネクスト・パリ、SRDロングオンリー、ユーロクリアーでユーロリストに上場しています:7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF。

アートプライスを動画で見る:リンク

アートプライスは、会長のティエリーエルマンが1997年に創設しました。1987年設立のサーバグループで自動制御されています。Who's who (c)名士録を見る:リンク

アートプライスは、美術品価格と美術品索引に関するデータバンクの世界的リーダーです。3000万件以上の索引と70万人を超えるアーティストを対象とした売買データを所有します。アートプライス・イメージズArtprice Images(R)では、1700年から現在に至る美術品の画像と印刷物が1億26万点所蔵されているライブラリーと、アートプライスの美術史家の注釈をアクセス無制限で提供しています。

アートプライスのデータバンクは、世界中の6300の国際的オークションハウスからの情報でデータバンクを随時更新しており、世界の主な通信社と7200の国際的報道機関にアート市場の傾向情報を発信しています。アートプライスは、450万人の会員(ログイン会員)に、美術品売買のための定価またはオークション(フランス商業典の第L324.3条2および3項で規定されたオークション)価格用の標準マーケットプレイス(Place de Marche Normalisee(R))へのアクセスを提供しています。

アートプライスは、2018年11月にフランスの公共投資銀行より今回で2度目となる認定を受けました。アート市場のブロックチェーン計画を展開いたします。

2019年3月発表の2018年世界アート市場のアートプライス年次報告書:リンク

アートプライスの2018年現代アート市場報告書:リンク

アートプライスのプレスリリース目次:
リンク
リンク

フェイスブックとツイッターで、Artpriceによるアート市場の最新情報をリアルタイムでフォロー:
リンク 購読者440万人
リンク & リンク
リンク

Artpriceのアルケミーと世界をご覧くださいリンク。本社はアボードオブ・ケイオス現代美術館に置かれています。ニューヨークタイムズ/ラ・ドゥムール・デュ・カオ:リンク

リンク

アートプライスの本社、現代美術館:
リンク
(購読者380万人)

コンタクト:ir@artprice.com


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]