logo

ネットワーク型時計「NTPクロック」が無線LANに対応 -配線なしで施設内の時計がシステム時刻と同期。一元管理も可能-

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、施設内の時計をシステム時刻と同期するネットワーク型時計「NTPクロック」の無線LAN対応モデルを新たに開発し、2020年1月より販売を開始する予定です。

「NTPクロック」は、ネットワークにつながっているパソコンや各種システムと同様に、NTPサーバーから配信される時刻を表示するネットワーク型時計です。2019年2月より提供を開始しているPoE(Power over Ethernet)対応モデルに加え、今回、無線LAN環境での時刻補正が可能なモデルをラインアップします。
電池駆動のため、配線工事の必要がなく一般の時計と同様の手軽さで設置が可能です。今後、バッテリー寿命の確保などユーザビリティーの向上に取り組みます。



「NTPクロック」は、工場、学校、病院、オフィスといった施設内において、これまで標準電波が届きにくかった建物の奥まった場所(閉鎖空間)や地下でも正確な時刻を表示することができます。また、既存のLAN環境に時計システムを集約し、専用の監視ソフトウエアを使用することで一元的に監視、管理を行えることから、これまでも国内外において交通や医療の現場などからの多くの引き合いがあります。

今回発表の「NTPクロック 無線LAN対応モデル」は2019年6月12日(水)~14日(金)に千葉・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2019」に参考出展します。会場では、従来のPoE対応モデルを含め、セイコーソリューションズが提案するNTPマスタークロックシステムの全容を紹介します。


NTPクロック製品情報: リンク

※本文中に記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 ネットワークソリューション本部 NS営業3部
 担当:畑     tel:043-273-3184  e-mail:support@seiko-sol.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]