logo

広島国際大学と社会福祉法人が入学前に就職、福祉施設で働きながら学べる「まな・はたプロジェクト」を実施

広島国際大学 2019年05月17日 20時05分
From Digital PR Platform




広島国際大学(広島県東広島市)と社会福祉法人広島常光福祉会(広島県広島市)は2020年度から、福祉施設に大学入学前に就職し、正規職員として働きながら大学で学ぶことができる新たな制度「まな・はたプロジェクト」を実施する。




 超高齢社会において、福祉業界へのニーズが複雑化・多様化する中、高度な知識・技術を備えた福祉専門職の存在は欠かせない。しかしながら労働人口の減少や若者の福祉離れ、経済的困窮による進学機会の減少などさまざまな要因で、人材の確保が困難な状況となっている。

 同大医療福祉学部と業界初の週休3日制を導入したことで知られる同会は、プロジェクトの実施により新たな価値を社会に提示し、福祉業界から産業界への拡大も視野に入れる。

 5月24日、同大広島キャンパスで調印式を開催する。

◆調印式概要
【場所】広島国際大学広島キャンパス(広島県広島市中区幟町1-5)
【日時】2019年5月24日(金)13:00~
【出席者】
<広島国際大学(5人)>
 ・学長 焼廣益秀
 ・副学長・教務部長 笛吹修治
 ・医療福祉学部長 久保田トミ子
 ・医療福祉学科長 小坂哲也
 ・学長室長 中神剛
<社会福祉法人広島常光福祉会(5人)>
 ・理事長 柿木田勇
 ・業務執行理事 柿木田健
 ・事務局長 梶原伸之
 ・事務局次長 亀井奈美
 ・人事教育室長 光井孝則

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室(担当:坂井、上田)
TEL: 0823-27-3102

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]