logo

通信混雑下での快適な業務通信の実現に向けたフィールドトライアルの実施について

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:小林充佳、以下、NTT西日本)は、通信混雑環境で特定通信の品質を改善する無線LAN技術のフィールドトライアルを実施します。



1.背景
現在、様々な業務用機器・端末の通信手段として、オフィス内の通信ばかりではなく、例えば観光地や店舗におけるキャッシュレス決済システム等、身近なところでも無線LANの利用が広がっています。
[画像1: リンク ]


(出典:ICT総研 2018年 公衆無線LANサービス利用者動向調査)

業務利用の無線LANは、同一エリアにおいて公衆無線LANやモバイルルーターなどその他の通信を行う機器と多く共存しています。共存する機器がさらに増加すると、電波の干渉や通信の衝突がより多く発生し、業務で利用する特定通信の品質を確保できず、業務に支障が出ることが想定されます。

【通信混雑時における通信品質低下の例】
[画像2: リンク ]


2.フィールドトライアルの内容
(1)実施内容
業務利用するQRコード決済用ストアスキャン端末の無線LAN通信と、来店者向けの公衆無線LANやその他通信が共存する実店舗環境において、NTTの独自技術である「特定通信の品質を改善する無線LAN技術」(詳細は別紙参照)を用いた、業務通信の品質の改善効果を確認します。
検証項目:本技術の有無による無線通信環境測定(体感品質、通信品質(遅延時間等))
[画像3: リンク ]


(2)フィールドトライアルの期間・場所
実施期間 : 2019年4月28日(日)~ 2019年10月31日(木)
実施場所 : 石川県金沢市上近江町38番地 <近江町市場内>

3.今後の展開について
NTT西日本は、本トライアルで得られたノウハウやお客さまのご意見・ご要望を踏まえ、最適な無線LAN通信環境を備えたIoTソリューション(キャッシュレス決済ソリューション、工場IoTシステム等)をご提供できるよう、新たな開発や研究を進めてまいります。


【別紙】特定通信の品質を改善する無線LAN技術
NTTアクセスサービスシステム研究所が開発中の、無線LAN品質制御技術です。
実業務環境下でのフィールドトライアルは、本トライアルが初となります。

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]