logo

MGIDがアジア・パシフィック・スティービー賞のシルバー賞を2部門受賞

MGID 2019年04月24日 14時47分
From 共同通信PRワイヤー

MGIDがアジア・パシフィック・スティービー賞のシルバー賞を2部門受賞

AsiaNet 78436 (0690)


【シンガポール2019年4月24日PR Newswire=共同通信JBN】MGIDは第6回アジア・パシフィック・スティービー賞(Asia-Pacific Stevie (R) Awards)で、2つのシルバー・スティービー賞(Silver Stevie (R) Award)受賞者に選定された。MGIDは技術開発イノベーション(その他サービス産業部門)(Silver Stevie (R) Award for Innovation in Technology Development 、Other Service Industries division)とビジネス製品&サービス産業のイノベーション(従業員100人超部門)(Silver Stevie (R) Award for Excellence in Innovation in Business Product & Service Industries、More than 100 Employees division)でシルバー・スティービー賞を受賞した。

Logo: リンク

アジア太平洋地区の企業900社以上が今年、製品&サービスのイノベーション優秀賞(Award for Excellence in Innovation in Products & Services)、革新的経営賞(Award for Innovative Management)、企業ウェブサイトイノベーション賞(Award for Innovation in Corporate Websites)など各部門の選考対象になった。MGIDは技術部門のイノベーションと企業イノベーション部門の優秀賞を受賞した。

ゴールド、シルバー、ブロンズのスティービー賞は3月から4月にかけて、100人を超える各国役員の平均採点で決められた。

アジア・パシフィック・スティービー賞の詳細とスティービー賞受賞者リストはリンク を参照。

MGIDのニコラス・レケダ最高マーケティング責任者(CMO)は「製品の技術的進歩がMGID発展の基礎である。われわれは徹底的に市場を分析し、MGIDのユーザー・製品マッチングアルゴリズムで発見した地域的属性を統合する。われわれの主な任務は、広告キャンペーンの最も効率的なパフォーマンスを確実にすることだが、それは先進技術がなければ不可能である。われわれのハイテク製品を大いに誇りとする。関連部門のシルバー・スティービー賞受賞は、われわれが正しい軌道に乗っていることを意味する」と語った。

▽MGIDについて
MGIDはネイティブ広告のグローバルな革新的パイオニアで、エコシステムの全参加者の収益増大を促進する。

月間1650億のレコメンデーションで8億5000万のユニークリーダーを目標にするそのプラットフォームは、パブリッシャーがオーディエンスを獲得してトラフィックを収益化することを助け、適切なコンテンツを適宜ユニークオーディエンスに結び付けることによって、ブランドの業績と認知を高める。

MGIDはクライアントに計画立案、戦略から配信、リポーティングまで360°のソリューションを提供し、60以上の異なる言語で対応している。

MGIDは2008年に創設され、米国、ウクライナ、ベトナム、ロシア、インドにオフィスがある。

ソース:MGID

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]