logo

モリタテクノス 泡消火装置「18 UnitCAFS」を国内フェリーに初納入

株式会社モリタホールディングス 2019年04月22日 19時30分
From 共同通信PRワイヤー

2019年4月22日

株式会社モリタホールディングス リンク

モリタテクノス リンク 泡消火装置「18 UnitCAFS」 リンクを国内フェリーに初納入

消防車のトップメーカー株式会社モリタ リンクのグループ会社で、消防車のオーバーホールやアフターサービス等を行っている株式会社モリタテクノス リンクは、消防用の可搬式CAFSユニット「18 UnitCAFS」 リンク(いちはちユニットキャフス)を、商船三井フェリー株式会社様に納入しました。国内フェリー初のCAFSユニット導入となり、同社が大洗(茨城県)~苫小牧(北海道)間で運航するフェリー4隻に1台ずつ導入され、4月15日(月)より運用がスタートしました。

CAFS(圧縮空気泡消火装置)とは、水に少量の薬剤を加え、そこへ圧縮空気を送り込むことにより発泡させる装置で、水の表面積を広げることで効率よく消火することができるシステムです。

このエンジン一体型の可搬式CAFSユニット「18 UnitCAFS」 リンクは、これまで大型水槽車や小型トラックなどに搭載し国内、海外に納入されています。

商船三井フェリー株式会社様においては、船舶火災への安全対策強化にあたり、CAFSの消火能力に加え、乗組員の方々による実践的な消火訓練を通じて運用面においても有用性が期待できるとの評価をいただき、導入・運用スタートに至りました。

≪船舶火災におけるCAFS有用性について≫
モリタグループは、2015年7月に発生したフェリー火災事故を踏まえた国土交通省の船舶火災対策に関わる研究案件を受注。船舶火災消火の課題に対して様々な検証実験を行い、CAFSの有用性を認めていただきました。

国内フェリーへのCAFS導入を通じ、陸上だけでなく、海上においても火災へのさらなる安全対策に貢献してまいります。

モリタテクノスの18 UnitCAFSについて、詳細はこちら
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]