logo

第7回 パイプでコマンド引数を渡してみよう (宮崎悟)

CTC教育サービスはコラム「第7回 パイプでコマンド引数を渡してみよう (宮崎悟) 」を公開しました。

###

第7回 パイプでコマンド引数を渡してみよう
前回はgrepなどで使用する正規表現について述べました。 今回は、パイプでコマンドに引数を渡す方法について説明しようと思います。

◆xargs コマンド
xargs コマンドは、パイプからの入力を引数として指定したコマンドを実行します。 何も指定しないときは、複数行も1行の引数として渡すことが出来ます。以下の例では、ls -1 の複数行の引数を引数として渡しています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]