logo

13都道府県に支店を構える愛媛県・松山市の「伊予銀行」がBPR推進の打ち手として「WowTalk(ワウトーク)」を導入

ワウテック株式会社 2019年04月16日 12時40分
From PR TIMES

リンク


利用社数5,000社超を誇るサービス、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供するワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)は、株式会社伊予銀行(愛媛県松山市 代表取締役頭取 大塚岩男、以下「伊予銀行」)がWowTalkを導入したことを発表いたします。



[画像1: リンク ]


明治11年、今から141年前に「第二十九国立銀行」として設立され、78年後の昭和26年に現在の名称となった伊予銀行。伊予銀行は金融業に属し、現在全国64ある地方銀行の1つで、愛媛県・松山市に本店を構え、13都道府県に支店を持っています。

140年もの歴史をもつ伊予銀行では、現在、国が推し進めている「働き方改革」の背景もあり、2018年4月より新中期計画において「BPR(業務プロセスの見直し)」を掲げ、業務改善に着手しています。

その主たる目的は「生産性の向上」です。

銀行業務の中で「外部とのコミュニケーション」というと、通常は電話が主流であり、内線電話においても取次や情報共有の時間的なロスが発生しており、まさに課題として考えられていました。また、顧客情報や金融・為替に関する情報を取り扱う銀行ならではのセキュリティの観点から情報漏えいなどを避けるためインターネット環境を厳格に制限しており、その点についても大幅な見直しが不可欠だと感じていました。

上記の課題を解決すべくBPR推進に取り組む伊予銀行 総合企画部 課長代理 栗田大輔 様、同部に所属する日高美月 様にビジネスチャット導入の背景とその経緯、さらには実際にどのように活用しているのかについて話を伺いました。

>> 株式会社伊予銀行 様 WowTalk導入事例
リンク


◆導入目的 
伊予銀行では、ワウテックのビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」導入以前に、下記3つの課題を抱えておりました。

◎抱えていた課題


2018年4月の新中期計画からデジタル化推進の動きが出てきた
社内外の連絡手段は「電話」が中心で取次対応に課題を感じていた
セキュリティの兼ね合いから銀行内のインターネット接続環境を厳格に制限していた


社内外の連絡手段として電話を中心に用いており、会議や外出中の行員宛の電話の取次が多く、業務上の課題に感じていました。そこで金融機関のセキュリティ基準を満たすビジネスチャットの検討に至ります。

◎導入時に決め手となったポイント


操作性もUIも個人向けアプリのような感覚!カジュアルにやり取りできる
ログの保存期間と容量がトーク送信から30日間/50GBと他社と比べて優れている
利用範囲を限定できセキュリティ対策に関する機能が充実している


今回のインタビューでは、上記内容について詳しく伺っておりますので、ぜひご覧ください。

>> 株式会社伊予銀行 様 WowTalk導入事例
リンク


◆企業情報 
◎株式会社伊予銀行

[画像2: リンク ]

リンク

代表取締役頭取:大塚岩男
事業内容:普通銀行業務
住所:〒790-8514 愛媛県松山市南堀端町1番地


◎ワウテック株式会社

[画像3: リンク ]

リンク

ワウテックは、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営しています。

ビジネスにおけるコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。

その中で、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」は、ワウテックが掲げるサービスコンセプト「Communication-Rebuild」のもと、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアにし、より快適かつスムーズな職場環境の醸成に貢献するサービスです。

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]