logo

「アートホテル小倉 ニュータガワ」 リブランド事業 レストランおよびブライダルサロンの改修計画を発表

株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント 2019年04月11日 18時15分
From 共同通信PRワイヤー

2019年4月11日

(株)マイステイズ・ホテル・マネジメント

「アートホテル小倉 ニュータガワ」
リブランド事業としてレストランおよびブライダルサロンの改修計画を発表
資産価値のある庭園を整備し、ガーデンビューレストランを今夏オープン
婚礼商品のセールス強化としてブライダルサロンも改修

「アートホテル小倉 ニュータガワ」(総支配人:野並健治)は、 2018年10月15日に株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役:代田量一)が新規運営受託を開始、同年12月1日よりマイステイズ・ホテル・グループの「アートホテル」にリブランドオープン、「アートホテル小倉 ニュータガワ」として、総料理長に橋本和哉が着任しホテル内グルメの充実を図ってきました。
2019年4月10日に開催された関係者向けのレセプションにて、リブランド事業の一環で資産価値のある庭園を整備し、レストラン2店舗とブライダルサロンの改修計画を発表しました。
改修予定のレストランは1F和食「雫」と鉄板焼き「桜」の2店舗、「雫」は「All Day Dining Shizuku」と名称変更、座席数も50席から80席へ規模拡大し、和洋ビュッフェを楽しめるオールディダイニングスタイルへ改装いたします。「桜」は2Fへ移設、カウンター8席からは庭園の眺めをより楽しんでいただけるレイアウトです。
また、庭園挙式で人気のブライダルは、お打合せ場所となるブライダルサロンを一新致します。新しいサロンには婚礼衣裳室を併設し、お打ち合わせ時には試着をより気軽に楽しんでいただけるレイアウトで、新郎新婦の夢を叶えてまいります。
いずれも今夏にオープンを目指し、ブライダルの新商品もリニューアルに合わせて準備しています。
 
レセプションでは野並健治総支配人が改修計画を発表、「昨年12月のリブランド以来、外国からの個人旅行のお客様も10月の新規運営受託時に比較して月平均3割まで増加しました。資産・歴史的にも価値ある庭園と邸宅の良さを生かし、より幅広いお客様にご利用いただけるように改修計画を進めています。チャペルで洋装の結婚式を希望して来館する婚礼のお客様も、庭園を見て和装を追加し庭園挙式を選ばれる方もあり、庭園挙式が全体の6割強というデータが示すほど、その人気は絶大です。当ホテルの強みを生かした今回の改修計画、今夏のリブランドプロモーションとしてレストランやブライダルの新商品も準備でき次第発表していく予定です。」と改修計画に至る経緯も含め今後の予定を述べました。

今夏オープン改装計画
1.和食「雫」→「All Day Dining Shizuku(オールディダイニングシズク」和洋ビュッフェオールディダイニングスタイル
【デザインコンセプト】
・130年続く日本庭園を望むレストラン
・ビュッフェが主役のレストラン
・世代を超えて愛されるレストラン
【画像: リンク
2.鉄板焼き「桜」→1Fカウンター8席から2Fへ移設・増席:カウンター8席、8名洋個室×2室
【画像: リンク
【画像: リンク

3.ブライダルサロンリニューアル
【デザインコンセプト】
・「Art Wedding」をイメージさせるサロン
・「私」だけのサロン
・「ドレス」が主役のサロン
【画像: リンク
【画像: リンク
【画像: リンク

「アートホテル小倉 ニュータガワ」施設概要
【所在地】 〒802-0082 福岡県北九州市小倉北区古船場町3番46号
【アクセス】JR小倉駅南出口から、徒歩約8分。モノレール旦過(たんが)駅から、徒歩約2分。
西鉄バス市立医療センター前下車、徒歩約1分。
北九州空港から、約40分、福岡空港から、約75分。
【階数】 地上9階 地下1階
【客室】 総客室89室(収容人数158名)
スタンダードシングル、スタンダードシングルガーデンビュー、スタンダードダブル、スタンダードツイン、スタンダードツインガーデンビュー、スーペリアツイン、スーペリアトリプル、スイート、ロイヤルスイート、和室A(8畳)、和室B(10畳)、和特別室12畳
【館内設備】
料飲施設:「All Day Dining Shizuku(オールディダイニングシズク」・割烹「松月亭」・鉄板焼き「桜」・洋食レストラン「ボナペティ」・ラウンジ「アゼリア」・バー「ラ・シュミネ」
宴会場:舞(雅・扇)華栄(華栄・萌賀)・月華(月華・春山)・キャロライン(キャロライン・アイリス・カトレア)・四季(四季・花摘・若菜)
婚礼施設:チャペル・ブライダルサロン・衣装サロン・美容着付け室・写真室
【日本庭園】
明治22年、豊国炭鉱々主山本貴三郎氏(当時の貴族院議員)を施主として2000坪の屋敷に1000坪の庭園として完成。現在では700坪程度の広さに松の植え込みを主体とする池泉廻遊式書院造りとして専門の庭師が手入れしています。この庭園に呼応して建てられた離れ座敷、数寄屋造りの「松月亭」は結納やお食事会にご利用頂いております。
【画像: リンク
【画像: リンク
【画像: リンク
【画像: リンク
【画像: リンク

橋本和哉(はしもと かずや)
アートホテル小倉 ニュータガワ 総料理長 
【画像: リンク
山口宇部全日空ホテル、ハウステンボスホテルヨーロッパでフランス料理の基礎を学び、ホテルオークラ福岡「ブルワリー」では料理長として就任。その後ルネッサンスリゾート沖縄を経て、2013年から㈱マイステイズ・ホテル・マネジメントのコレクションブランド「リゾートホテル オリビアン小豆島」の総料理長に着任。小豆島の食材をフレンチのテクニックでアレンジするオリジナルレシピを開発し話題を呼ぶ。2018年10月15日より新規運営開始した「アートホテル小倉 ニュータガワ」総料理長に着任。日本エスコフィエ協会会員。
1965年生まれ、福岡出身。

【マイステイズ・ホテル・マネジメント】 
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメントは1999年7月ウィークリーマンションの管理・運営からスタートし、2005年から「マイステイズ」ブランドでホテル事業へ参入しました。その後、運営委託業務を軸にホテル開発やコンサルティングへ事業を拡大、現在では宿泊特化型からフルサービスのシティホテルやリゾートホテル、1泊から中・長期滞在に対応するレジデンス型まで、マイステイズ・ホテル・グループとして北海道から沖縄にいたる日本各地で95 棟(15,768 室)*、「マイステイズコレクション」「アートホテル」「ホテルマイステイズプレミア」「ホテルマイステイズ」「フレックステイイン」「MyCUBE by MYSTAYS」「マイステイズプレミアレジデンス」「マンスリーレジステイズ」の8ブランドを運営しています。*2019 年4月1日時点での総数

マイステイズ・ホテル・マネジメント:リンク
マイステイズ・ホテル・グループ:リンク

【アートホテル】
ビジネスや観光の拠点として、国内の主要都市でさまざまなライフスタイルイベントに対応するフルサービスホテル。結婚式・謝恩会、歓送迎会やコンベンションなど、温泉・宴会・バンケットホールのほか、オールディダイニングやレストラン・カフェ・ベーカリーなどを備え、幅広いお客様にご利用いただいております。※各施設により付帯設備は異なります。
アートホテル旭川、アートホテル青森(3/18リブランドオープン)、アートホテル弘前シティ、アートホテル盛岡(3/10リブランドオープン)、アートホテル新潟駅前、アートホテル上越、アートホテル大阪ベイタワー(空庭温泉OSAKA BAY TOWERグループホテル)、アートホテル小倉 ニュータガワ、アートホテル大分(2019/4/1新規オープン)、アートホテル石垣島




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]