logo

日本対がん協会、株式会社おいしい健康と共同で「がんサバイバーキッチン」を開設

公益財団法人日本対がん協会 2019年04月10日 13時00分
From PR TIMES

がん経験者や家族が投稿したレシピを管理栄養士の監修を経て掲載し、食の悩みをサポート

公益財団法人日本対がん協会(会長:垣添忠生・元国立がんセンター総長)は、2019年4月10日に、株式会社おいしい健康の協力を得て、がんサバイバー(がん経験者)が家庭で実際に食べている自慢のレシピを募集・公開するウェブサイト「がんサバイバーキッチン」を、同協会の「がんサバイバー・クラブ」のサイト内に立ち上げました。



[画像: リンク ]

がんサバイバーキッチンURL リンク

 がんの治療中・治療後の食事については、多くのサバイバーが悩みを抱えています。化学療法の副作用による食欲不振や味覚障害だけでなく、買い物や調理の困難、食事への不安、料理をする気が起きないなど、さまざまな難題が発生します。

「がんサバイバーキッチン」は、サバイバーや家族が実際に作っているレシピを体験談とともに掲載することで、同じような悩みを抱えている方たちのメニューの考案や食事作りの役に立つことを目標にしています。
 株式会社おいしい健康は、「生活者目線のヘルスケア」の実現を目指す企業です。ITと食を専門とするヘルスケアサービスの提供やSNSの構築に豊富な経験があります。
 投稿されたレシピは、株式会社おいしい健康の情報提供技術の協力と寄付のもと、日本対がん協会「がんサバイバー・クラブ」のホームページ及び株式会社おいしい健康が提供するサービス上に開設される弊協会のぺージ(オフィシャルキッチン)に掲載します。(URLは末尾を参照)

 また、がんサバイバーキッチンの中には、食生活などの工夫をレポートする取材記事「みんなのがん手帖」では、がんサバイバーの「食」との付きあい方をご紹介していきます。食材選びや調理をはじめ、食を起点とした楽しみや心掛けていること、食欲がない時の工夫など、食を中心としたさまざまな情報を共有する場をつくりたいと考えています。
 食事や生活の工夫は、病院でもなかなか得られない情報です。閲覧者が、医療の外側にある具体的なレシピや他のサバイバーの事例を知ることは、閲覧者自身の生活のヒントやよりよい療養生活につながります。

■ がんサバイバーキッチンのURL
日本対がん協会(がんサバイバー・クラブサイト内):リンク
おいしい健康:リンク

■ みんなのがん手帖のURL
日本対がん協会(がんサバイバー・クラブサイト内)リンク


■公益財団法人日本対がん協会
1958年創立のがん征圧を目指す民間団体。「がん予防・がん検診の推進」、「がん患者と家族の支援」そして「正しい知識の普及・啓発」につとめ、ピンクリボンフェスティバルや、リレー・フォー・ライフ活動を行う。2017年6月にがんサバイバーや家族の支援を掲げて、がんサバイバー・クラブを立ち上げた。全国のがん患者会やイベントの情報を提供している他、サバイバーや家族らが実際に集まれる「がんサバイバーカフェ」などのイベントやセミナーを定期的に開催している。事務所所在地:東京都中央区銀座7-16-12 G-7ビル9階

■株式会社おいしい健康
「生活者目線のヘルスケア」の実現を目指すIT業。2016年7月、株式会社クックパッドのヘルスケア事業部を会社分割し設立され、12月にMBO。ITと食を活用したヘルスケアの提供に豊富な経験を持つ。本事業においては、情報技術やコンテンツ提供で協力する。本社・東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル4階 代表取締役CEO・野尻哲也

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]