logo

展示会で交換した名刺のデータ化作業をゼロに! 出展企業向け「展示会フォローアップソリューション」を提供開始 ~ 展示会後の効率的かつ効果的なフォローを実現 ~


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、展示会などで獲得した名刺情報をデータ化し、営業活動を効率化する「展示会フォローアップソリューション」を開発し、本日2019年4月10日より提供開始しました。本ソリューションにより、名刺獲得後のフォローまでにかかる時間を短縮し、顧客ランク別に応じた効率的かつ効果的な長期フォローアップを実現します。

▼「展示会フォローアップソリューション」
URL:リンク




■ 「展示会フォローアップソリューション」とは
本ソリューションは、展示会後に手作業で行っていた名刺のデータ化作業をなくし、見込み顧客をランク分けして効率的かつ効果的なアプローチを可能にするサービスです。
従来の手作業による名刺のデータ化では、大量の名刺情報を正確に打ち込むのに膨大な時間がかかり、展示会後の迅速なフォローが行えず、展示会の効果を最大限に活かしきれていないことが多く見受けられます。
そこでパイプドビッツは、名刺をスキャンまたは撮影するだけで名刺情報を正確にデータ化し、フォローまでにかかる時間を短縮させ、効果的な長期フォローアップを実現するソリューションを提供します。

■ 3つの特長
(1)選べるデータ化プランでフォローまでの時間を短縮
交換した名刺情報は、スキャナーによるデータ化(翌営業日反映)、またはスマートフォン・タブレット端末での撮影によるデータ化(即時反映)から、運用に合わせてお選びいただけます。手作業によるデータ化が不要なため、展示会後すぐに御礼メールの送信や来場アンケートの送付など、迅速なフォローが行えます。

(2)見込み顧客をランク分けし、効率的にフォロー
開封率の高い私信メールを配信でき、メールを開封した人や文中のURLをクリックした人が把握できます。これにより、見込み顧客のランクを見える化し、メールの送り分けや顧客フォローの優先順位付けができ、フォロー効率を向上させます。

(3)マーケティング活動に活用できる
展示会開催後も、定期的なメルマガの配信や顧客アンケート、資料ダウンロードページの作成など、追加費用なしでマーケティング活動に活用でき、長期フォローアップを実現します。

今後も業界を問わず、様々なシーンで業務効率化を改善するソリューションを創出してまいります。



■ 株式会社パイプドビッツ 概要
[法人名]株式会社パイプドビッツ
[本部所在地]東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
[代表者]代表取締役社長CEO 林 哲也
[業務内容]情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
[Webサイト]リンク

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
販売促進部 重岡
TEL:03-5575-6601

■ 報道関係者様お問い合わせ先
パイプドHD株式会社 リンク
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com

※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]