logo

GDPR(一般情報保護法)やePrivacy規制、ITP 2.0アップデートに則した顧客との関係構築の必要性について4月16日にプライベートセミナーを開催

クリムタン 2019年04月05日 15時40分
From PR TIMES

KINOTROPE × CRIMTAN 無料プライベートセミナー4月16日(火)開催

ロンドンに本社を持つGDPR準拠のクリムタン株式会社(東京都港区、本社:Crimtan Holdings Limited<所在地:UK London>、両法人代表取締役:ポール・ゴード、以下 クリムタン)のオーディエンスターゲティング及び、その先にあるWEBサイトにおけるマーケティングの重要性について少人数プライベートセミナーを開催いたします。



[画像1: リンク ]

EUで施行されたGDPR(一般情報保護法)を始め、今後のePrivacy規制はもちろん、Appleのインテリジェントトラッキング2.0アップデートなど、一般ユーザデータ収集についてすでに大きな変化が見られています。今後日本国内においても、個人情報保護法同様に一般情報についての規制が近づいており、クッキーデータの使用が不可能となる日がやってきます。

ネット上での個人を特定可能な情報のオーナーが、企業からユーザーへ向かい、今後企業はユーザーに対するコンセント(同意)を得なければ特定できるIDと紐づけたターゲティングが不可能となります。今後日本国内企業の顧客との関係構築にも大きな変化が起こる可能性があります。

これらは、ディスプレイマーケティング担当者にとってはどういう意味なのでしょうか。
Safariユーザーの場合、サードパーティのクッキーを使用すると、24時間以上の追跡と帰属はほとんど取得不可能です。3rd Partyレポートでは、ポストビューを使用してコンバージョンをパートナーに正しく帰属させることはできません。また、フリクエンシー戦略を達成することもできません。また、Safariを使用していないユーザーであっても、クッキーは30日を超えることはめったになく、顧客のジャーニー全体に沿って消費者にアプローチすることはかなり困難です。

今回、ロンドンに本社を持つGDPR準拠のクリムタンのオーディエンスターゲティング及び、その先にあるWEBサイトにおけるマーケティングの重要性について少人数プライベートセミナーを開催いたします。

リンク

■KINOTROPE × CRIMTAN 少人数セミナーのご案内
消費者行動のデジタル化に伴い、Webサイトを中心としたマーケティングがますます重要になる中で、企業のマーケティング活動を支援する様々なツールが登場しています。CMSにおいても、従来のコンテンツ管理だけでなく、CMS自体にマーケティング機能を搭載した製品や、外部のマーケティングツールとの連携を強化する製品など、必要なマーケティング施策を実施できる有効なツールへと発展しています。

クリムタンのAI駆動型広告バナー自動生成プラットフォーム「DCO」(ダイナミック・クリエイティブ・オプティマイゼーション)は、サイト来訪者へのリターゲティング精度はもとより、エモーショナルな動的バナーでオーディエンスに最適なメッセージを自動生成し配信する最新のディスプレイ広告ツールで、クリムタン独自のビヘイビア(興味関心)DMPや数々のプリセットデータ(デモグラフィック・ジオロケーション・リアル天候・広告観閲環境・広告掲載WEBコンテクスト他)と連携。オーディエンス拡張においては、顕在・潜在層を問わず、あらゆるカスタマージャーニーレベルでパーソナライズされたメッセージをブランドセーフティー及びGDPR準拠同意ツールと共に送り出すことが可能となりCMSとの親和性に期待が集まりつつあります。

しかし、日本国内の多くの企業では、「CMSをマーケティングにどのように活用するべきか分からない」「現場の課題を解決するためにどのツールが最適なのか分からない」という声も聞かれます。そこで、本セミナーでは、CMSをマーケティングに活用する上で押さえておくべきことや、ツール選定のポイントのほか、有効な機能や特長、各製品でどんなことを実現できるのかなど、CMSをマーケティングに活用する上で必要な内容や、それらのツールとどのように広告を連動させれば効果的なのかについて、詳しくご紹介します。

2019年4月16日(火)開催無料セミナー参加申込はこちらへ
リンク
[画像2: リンク ]

■キノトロープについて
1993年10月設立。2018年10月で創業25周年を迎えるWeb業界のリーディングカンパニー。
Webビジネスで成功するために必要なすべてのサービスをワンストップ・ワンチームで提供。また、高い評価を得る明確なメソッドにより、成果の出るWebサイト構築を実現。2000年頃からCMS導入・構築の実績を積み、ツールの種類、業種、内容、規模等、日本一の経験を誇る。

■クリムタンについて
2009年ロンドンで設立され世界で11か国に拠点を構え、日本では2018年5月法人設立の新しいヨーロッパのアドテク集団。日本では後発のアドテクプラットフォームであるが、運用の透明性・ビューアビリティーやブランドセーフティーさらにGDPR準拠など、クライアントのブランド保護と高精度オーディエンスターゲティング及びバナー自動生成機能との連携によるフルスタック(DSP/DMP/DCO)によるパーソラナイズドディスプレイアドを提供。商品やサービスが売れ続ける仕組みつくりを最新のAIアドテクで提供。

【GDPR準拠 consenTag(TM)をCrimtanがリリース】

GDPRには多くのビジネス上の課題があります。EUではすべての広告主とサイト所有者が、マーケティング目的でサイト訪問者や顧客をターゲティングにするために、ユーザーの同意を必要とすることです。
クリムタンでは、ビジネスの混乱を最小限に抑えるために、サイトおよびインターネットマーケティング活動のすべてについてユーザーの同意を簡単に得るために必要な機能を提供するconsenTag(TM)というコンセント管理プラットフォームを開発しました。
欧州のGDPR透明性と合意フレームワークであるIABに登録されたconsenTag(TM)は、GDPRに基づくすべての個人の権利を完全にサポートしており、GDPRの要件を法的に遵守することを容易にします。

UKでの特許等の登録について
CrimtanのConsentTag(TM)(Consent Management Platform(CMP))
特許出願中(1807183.7)IABグローバルベンダーリストと完全統合

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]