logo

映画史に残る大傑作(直木賞作家・高橋克彦)  試写会で圧倒的支持、映画「武蔵-むさし-」

株式会社三上康雄事務所 2019年04月02日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2019年4月2日

株式会社 三上康雄事務所 リンク

本格正統時代劇映画「武蔵ーむさしー」5/25ロードショー

映画「蠢動-しゅんどう-」で世界12カ国公開、日本映画監督協会新人賞ノミネートの三上康雄監督の6年ぶりの第二作「武蔵-むさし-」が5月25日(土)に全国ロードショー。
史実に基づくオリジナルストーリーで“本物の武蔵”を描く本格正統時代劇映画です。
巌流佐々木小次郎に松平健、武蔵役に細田善彦のほか、目黒祐樹、水野真紀、若林豪、中原丈雄、清水綋治、原田龍二、遠藤久美子、半田健人、武智健二、木之本亮ら12名の豪華キャスト。

映画「武蔵-むさし-」公式サイト
musashi-movie.jp リンク
予告編もご覧いただけます。

■直木賞作家、高橋克彦氏コメント
映画史に残る大傑作。
圧倒的映像美。怒涛の剣戟戦。
驚愕の人物造形。真実の武蔵が息づいている。
剣とはなにか、生とはなにかを問い放つ。心底凄い作品。
すべてに打ちのめされた。

■佐々木小次郎役、松平健コメント
「武蔵との対決だけが注目されがちな小次郎だけれど、 戦いに赴いた理由など、小次郎の背景が描かれていて 演じ甲斐があった。非常に印象深い作品となった。」



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]