logo

ドローンによるインフラ点検サービスを提供する新会社「株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を設立

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小林 充佳、以下、NTT西日本)は、ドローンを活用したインフラ点検の新会社「株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を2019年4月1日に設立、営業を開始します。



[画像1: リンク ]


1. 新会社設立の背景
公共インフラは老朽化が進む一方でインフラを維持する技術者は減少傾向にあり、効率的なインフラのメンテナンスは大きな社会課題となっております。
一方、ドローンはその関連技術の進展に伴い各種点検などにも広く活用されており、作業従事者の安全確保と時間短縮につながるソリューションとして注目されています。NTT西日本グループもドローンによる太陽光パネルの点検ソリューション※1や、AIを活用し道路路面の状況を診断するサービス※2の提供を通じ、ドローンによる点検技術や画像解析におけるAI活用ノウハウの蓄積をしてきました。
さらに、2018年には自社で保有する橋梁や鉄塔の設備に対して、ドローンを活用した点検業務のトライアルを実施、一定の効率化を確認することができました。
これらの取り組みを踏まえ、新たに株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマークを設立し、ドローンを活用したインフラ点検・診断サービスを提供開始することとしました。

※1 太陽光パネル点検ソリューションについて(2017年3月24日報道発表)
リンク
※2 AIを活用した「道路路面診断ソリューション」の提供開始について(2018年3月29日報道発表)
リンク

2. 新会社の概要
[画像2: リンク ]

3. 主な事業内容
株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマークはインフラ点検の企画・コンサルを実施し、お客さまに適したインフラ点検・診断サービスを提供する会社です。

特徴1. 業務プロセスに即したインフラ点検機能をトータルに提供
ドローンによる空撮/点検はもとより、コンサル・企画/空撮/点検/診断・レポート化に至るまで
ワンストップで提供が可能です。
[画像3: リンク ]

※3 本サービスは「KnowledgeMap(R) 4D」を使用しています。
「KnowledgeMap(R) 4D」はNTTコムウェア株式会社の商標または登録商標です。

特徴2. 幅広い点検ラインナップ
送電線鉄塔・通信鉄塔・橋梁・のり面・太陽光・風力発電設備等の様々な構造物の点検に対応します。
(点検・診断業務においてはAIの活用により技術者をサポート)

特徴3. 橋梁点検時にも飛行可能な非GPS環境対応ドローンの導入
橋梁の下などGPSが受信できない環境でも飛行可能な、橋梁点検専用ドローンを導入しました。

4. 今後の展開
株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマークは点検、診断業務に加え、修繕計画の策定まで、幅広くお客さまのインフラ点検・診断業務をサポートする事業を展開します。
「支える人を支えたい」というビジョンに基づき、全国の点検事業者の負担を軽減し、安心して暮らせる社会環境づくりをめざしていきます。

【本件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
西日本電信電話株式会社
アライアンス営業本部 ビジネスデザイン部
[担当:芝崎、大峯]
TEL:06-4793-5775
※お問い合わせの際は、電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]