logo

「VPNを構築しているヤマハルータにQoSを設定して通信を安定させよう」

SCSK株式会社ネットワークプロダクト部はシオラボ氏のコラム「VPNを構築しているヤマハルータにQoSを設定して通信を安定させよう」を公開しました。

###
前回まで、ヤマハのネットワーク機器の管理監視・管理をクラウドベースで実現するネットワーク統合管理サービス「Yamaha Network Organizer(YNO)」を紹介しました。YNOを利用すれば、遠隔地とのVPNを追加で構築するような場合、既存のコンフィグを使い回すことができたり、現地に赴かなくてもVPNの構築作業ができたり、ネットワーク管理者の負担を低減することができます。

さて今回からは、VPN構築後の通信品質の改善について説明していきましょう。通信データが多様化し、通信容量も大きくなってくると、通信が不安定になってしまうことがあります。特にインターネット回線を使ったVPNの場合は、インターネット側でのトラフィックに影響されることがあり、意図せず遅延が起きてしまう場合もあります。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]