logo

目白大学が1月30日~31日までさいたまスーパーアリーナで開催される「産学連携フェア」に出展 --「彩の国ビジネスアリーナ」と同時開催

目白大学・目白大学短期大学部 2019年01月28日 14時05分
From Digital PR Platform




目白大学(東京都新宿区)は、1月30日(水)、31日(木)にさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で「彩の国ビジネスアリーナ2019」と同時開催される「産学連携フェア」に出展する。このたび参加するのは人間学部人間福祉学科の矢島卓郎教授で、パネル展示の内容は「『集団式体感音響装置によるリラックスの提供』を目的とした装置開発の取り組み」についてのものとなる。




 「彩の国ビジネスアリーナ」は、中小企業の受注確保・販路開拓、技術力向上などを目的に、広域的な企業間ネットワーク形成による新たなビジネスチャンス創出の場を提供する展示商談会で、今年度は「見つけよう彩新技術、つなげよう未来へ」をスローガンとして開催される。出展する企業・団体は約600社を数え、昨年度は1万7156人が来場している。
 同時開催の「産学連携フェア」は、企業の技術ニーズと大学・研究機関が保有する技術シーズなどの展示による、県内最大規模の産学マッチングの場となっている。

 今回、目白大学からは、矢島卓郎教授による「『集団式体感音響装置によるリラックスの提供』を目的とした装置の開発の取り組み」についてパネル出展する。
 矢島教授は(株)アクーヴ・ラボの協力を得て、同社のトランスデューサー(電気―機械変換器)を内蔵したクッションを使い、音楽と振動によってリラックスを提供することができる装置を初めて開発した。この装置は、重症心身障害児者・認知症高齢者・発達障害児者を対象としたもので、最大で8人が利用できる。

 イベントの概要は下記の通り。

◆彩の国ビジネスアリーナ2019 概要
【会 期】 1月30日(水)10:00~18:00、31日(木)10:00~17:00 
【会 場】 さいたまスーパーアリーナ
【入場料】 無料
【主 催】 埼玉県、公益財団法人埼玉県産業振興公社、公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会、株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、飯能信用金庫、川口信用金庫、青木信用金庫
・公式サイト: リンク

《産学連携フェア》
【主 催】 産学連携支援センター埼玉(公益財団法人埼玉県産業振興公社・公益財団法人さいたま市産業創造財団)、公益財団法人埼玉りそな産業経済振興財団
【後 援】 埼玉県、さいたま市、一般社団法人さいしんコラボ産学官
※会期、会場、入場料などは「彩の国ビジネスアリーナ」と同じ
<目白大学出展情報>
 出展ブース:B-48
・公式サイト: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]