logo

高繊維小麦をめぐるArcadia Biosciencesの特許訴訟は却下とAristaが発表

Arista Cereal Technologies Pty Ltd 2019年01月25日 15時13分
From 共同通信PRワイヤー

高繊維小麦をめぐるArcadia Biosciencesの特許訴訟は却下とAristaが発表

AsiaNet 77215 (0133)


【シドニー2019年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】Arista Cereal Technologies Pty Ltd(ARISTA)は、Arcadia Biosciences Inc.がARISTAを相手に米連邦ニューヨーク南部地方裁判所(SDNY)に訴えた訴訟が却下されたと発表した。Arcadiaは2018年9月4日に提訴し、ARISTAの特許の3件はArcadiaの発明者らを含めるべきであり、ARISTAは一定の守秘義務に違反したと主張した。ARISTAはArcadiaの主張に多くの事実関係と法的な遺漏があるとして、同社の訴訟の却下を求めた。ジェッド・S・ラコフ判事は1月11日、Arcadiaの訴訟全体を却下した。

(Logo: リンク

SDNYの訴訟は、ARISTAに対する高アミロース小麦に関するArcadiaの2件目の法的措置だった。米国特許商標庁(USPTO)特許審理審判部は2018年8月14日、特許権審査で発明が先であるとするArcadiaの主張を退けた。これは、ArcadiaではなくARISTAが関係技術の発明者であると実質的に宣言したものであり、争われた特許権は合法的にARISTAに属することを意味する。

穀物は世界中の消費者にとって、繊維質と他の栄養素の重要な供給源である。ARISTAの技術は、穀物の難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)の含有量を増やすことで小麦の栄養をさらに向上させる。食物繊維の種類である難消化性でんぷんは、消化器・代謝系の健康を改善し、2型糖尿病の予防と管理の重要要素である食物の血糖反応を低下させることが明らかになっている。ARISTAの小麦は、小麦粉の難消化性でんぷんが多く、通常の育種と選定によって生産されたもので、非GMO(遺伝子組み換えでない)認定商品である。

Arista Cereal Technologiesのエリック・バシャルド最高経営責任者(CEO)は「当社の高繊維小麦は天然難消化性でんぷん源として、食品と健康に関する関心の高まりに対応している。当社の小麦難消化性でんぷんは発酵性繊維で、消化器の健康維持に役立つ微生物叢の重要な燃料源である。非常に健康に良い可能性があり、小麦由来の全ての食品で容易に摂取でき、非常に有望だ」と語った。

Arcadiaは、米国と世界のほとんどの主要国での特許権を含むARISTAの特許ポートフォリオの使用許可を得ていない。

北米でのARISTAの特許権は、マサチューセッツ州クインシーのBay State Milling Company (BSM)に独占的に供与されている。BSMは生産農家と積極的に協力し、このアイデンティティー保存小麦を管理するサプライチェーンとインフラストラクチャーを構築してきた。彼らはHealthSense(TM)ラベルで販売されるかなりの量の小麦粉を生産している。

Bay State Millingのピート・レバンジーCEOは「HealthSense(TM)小麦粉となっている高アミロース小麦は、消費者が食べる食品を通じた普通の病気に対応する代謝効果をもたらすことで、公衆衛生の向上に役立つだろう。当社はこの革新的な作物の知的財産権を守るARISTAの取り組みを全面的に支持し、北米市場での共通の成功を確保することにコミットしている」と述べた。

▽Arista Cereal Technologies Pty Ltdについて
ARISTAは、50年前から農民が設立・経営している小麦種子の世界的業者であるLimagrainと、世界で前向きの変化を生む科学の利用に焦点を当てた国際的に認められたオーストラリアの国立研究機関Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation(CSIRO、連邦科学産業研究機構)が設立した株式非公開の合弁企業である。両者は20年以上前に、小麦のでんぷんの基礎研究で協力を始め、2006年に消費者の健康に直接役立つ小麦の開発と商業化のため、取り組みと専門知識を一体化した。

▽Bay State Milling Companyについて
Bay State Milling Companyは1899年以来、優れた小麦粉と植物由来の材料を誇らしく供給してきた。その中心目的は、消費者のために健康で手ごろな食品の選択肢を増やす材料を提供することである。この目的の追求のため、同社は植物由来の材料の主要商品群を提供するため、食品を農業と結び付けることによって、北米で次世代の穀物ベースの食品の開発を主導する戦略的意図がある。

リンク

ソース:Arista Cereal Technologies Pty Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]