logo

Miaozhen SystemsとTencent Beaconが広告アンチフラウド白書を共同発表

Miaozhen Systems 2019年01月24日 09時50分
From 共同通信PRワイヤー

Miaozhen SystemsとTencent Beaconが広告アンチフラウド白書を共同発表

AsiaNet 77160 (0114)

【北京2019年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】Miaozhen SystemsとTencent Beaconは1月21日、広告主を広告フラウドから守って中国のデジタルマーケティング経済の健全かつ透明なエコシステム構築を支援する目的で、アンチフラウドに関する2018年度白書を共同発表した。

2018年度白書にはデジタル広告フラウドならびにアンダーグラウンド(地下)経済の状況の最新情報が掲載され、アンダーグラウンドフラウド経済の技術的構成の詳細な分析するとともに、的を絞ったフラウド対策のソリューションと防止手段を提言している。

今回のアンチフラウドに関する白書の発表は、Tencent BeaconとMiaozhen Systemsの間の継続な協力によるものだ。BeaconはテンセントPCG(プラットフォームとコンテンツグループ)が運営するインテリジェントなモバイルアプリデータ分析プラットフォームであり、Miaozhen Systemsは企業が市場で勝利を収めることを支援する中国の大手データテクノロジー・ソリューションプロバイダーである。

白書によると、2018年のアンダーグラウンドフラウド経済の拡大は業界パートナーによる協調的取り組みが功を奏して効果的に抑制され、前年比で15%にとどまっている。

Photo-リンク

しかしアンダーグラウンドフラウド経済はより集団化した構造になり、一層洗練されたフラウド技術を使い、広告フラウドとの戦いにおいてさらに厳しい経済的・技術的課題を突きつけている。

Tencent Beaconは白書で、「進化を続ける」アンダーグラウンドフラウド経済と効果的に戦う「Beacon Intelligent Anti-fraud Engine」と呼ばれるAIを使ったリアルタイムのアンチフラウドソリューションを紹介している。このアンチフラウドエンジンは、Beaconが蓄積した10億のエンドユーザー・ペルソナにサポートにされながら独自の端末デバイス識別とクラウドのクロス認証技術で動作するため、そのフラウド対策の検知と認識において網羅性、タイムリー性、精度が最大化されている。

Tencent BeaconとMiaozhen Systems両社のリーダーによると、広告フラウドとの戦いはデジタル広告産業における長期にわたる戦争であり、それに勝つには業界関係者すべての協調的な取り組みが必要である。

健全で持続可能なエコシステム構築にコミットするTencent BeaconはMiaozhen Systemsとチームを組み、2年連続で広告フラウドとの戦いに関する白書を発表した。さらに、Tencent Beacon、Miaozhen Systems、AdMasterは昨年、中国初の広告フラウド対策のビッグデータラボを共同で設立した。その目的は不正トラフィックとフラウド広告を認識・判別する能力を向上させることだ。

Tencent BeaconとMiaozhen Systemsは、将来的にさらに多くの業界パートナーと手を組んで広告フラウド、不正トラフィック、その他のアンダーグラウンド経済と戦う。広告とマーケティングのエコシステムは業界関係者すべての協調的取り組みの下、さらに健全になって規格化されることが確実だろう。

ソース:Miaozhen Systems


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]