logo

隠され続けてきた自社サイトへの検索キーワードが見えるようになりました。

~Google Search Consoleの話~

鈴与シンワートは吉政忠志氏のコラム「隠され続けてきた自社サイトへの検索キーワードが見えるようになりました。~Google Search Consoleの話~」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###

Google Analyrticsで自社サイトに何の検索キーワードで流入してきたかが長い間隠され続けてきました。

「NotProvided」というやつですね。

例えば、私の会社である吉政創成株式会社ですと、Google Analyrticsでは以下のように見えます。


「吉政創成」で検索した人が2件で「吉政創成株式会社」検索した人が2件です。
しかし、「(not provided)」と表記された122人の検索者については「(情報が)共有されていない(not provided)」となっています。これは、だれがどのような検索をしたかという個人情報がGoogle Analyrtics経由でGoogle Analyrticsの管理者に情報漏洩されてしまうという観点で、Googleが情報を共有していないために起こってしまう事象です。

この事象は数年前から起こっており、年々「(not provided)」の比率が上がってしまい、今では95%前後が隠されてしまっている状態になっています。

しかしながら、自分のサイトに何の検索キーワードで流入してきたかはとても興味があり、多くの人が知りたい情報ですよね。噂では、この情報開示をGoogleは有料化するのではないかという話も出ていました。しかしこの度、Google Search Consoleの新版の画面で確認できるようになりましたので、ご紹介いたします。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]