logo

民泊やシェアリングエコノミー用鍵受け渡しサービスのKeycafeが未来創生2号ファンドから資金調達

キーカフェ・ジャパン合同会社 2019年01月21日 10時02分
From PR TIMES

トヨタ自動車などが出資する未来創生2号ファンド等からの調達で世界展開を加速

2019年1月21日 、Keycafe「キーカフェ」(www.keycafe.com、本社カナダ・バンクーバー、創業者クレイトン・ブラウン) がトヨタ自動車などが出資する未来創生2号ファンド(運用会社:スパークス・グループ株式会社 本社:東京、代表取締役社長 阿部修平)を始めとする複数の投資家からの資金調達を発表いたしました。出資金額は非公開。

[画像: リンク ]

Keycafeは北米・欧州・アジア世界800ヵ所以上でのIoT鍵受け渡し端末「Keycafe Smartbox」を運営・販売しており、Airbnbなどの民泊やカーシェアリング、家事代行等のシェアリングエコノミーのお客様による遠隔・無人での鍵の受け渡しを可能にしています。また、日本の住宅宿泊事業法で必要とされる本人確認・宿泊台帳に対応しており、鍵の受け渡しを行う前に本人確認やパスポート情報をゲストから入手して宿泊施設のチェックイン無人化・省力化を実現するサービスも開発・運営しています。

国内ではコンビニのローソンやカフェなどの店舗を中心に東京・大阪・福岡・那覇など45ヵ所に展開しており、今後も更に設置店舗を増やす予定です。今回の出資についてアジア太平洋地域代表・日本法人社長の小河内亮氏は次の通り述べています:「Keycafeは民泊やカーシェアリングを始めとしてあらゆる鍵の受け渡しや入退出管理に使えるサービス。不動産事業者やビル管理業者様からの問い合わせも多い。未来創生2号ファンドからの出資により、多様な事業者様により使いやすいサービス・端末の開発、および世界展開を加速します。」
[動画: リンク ]



未来創生2号ファンドは2018年7月末に設立。スパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行などの出資を受け、2018年7月末に設立されました。「知能化技術」「ロボティクス」「水素社会実現に資する技術」「電動化」「新素材」を中核技術と位置づけ、それらの分野の革新技術を持つ企業、またはプロジェクトを投資対象にしています。2018年11月末時点の運用資産残高は、2015年に運用を開始した未来創生1号ファンドとあわせて、600億円となっています。

スパークス・グループ株式会社の阿部修平CEOは次のように述べています「世界でデータを扱うバーチャルな企業への関心が高まる中で、リアルが見直される局面が訪れると考えています。鍵というリアルなアイテムの持つ価値をシェアリングエコノミーのプラットフォームにのせたキーカフェの成長に期待しています」。




Keycafeについて:
Keycafeの開発・運営するKeycafe Smartboxは22個のキーボックスとタッチパネルを備えており、鍵の受け渡しを遠隔で行うサービス。世界45都市、800箇所以上で展開しており、100万回以上の鍵の受け渡し実績がある世界最大手。国内ではローソンやカフェなどに端末を設置しており、誰でもオンラインで登録すれば利用可能。端末は常時ネットにつながっているIoT端末で、アプリやウェブから鍵の持ち主が遠隔でゲストや知り合いに鍵へのアクセス権を付与することができます。アクセス権はゲストごとに変更され、 さらに一定期間のみ有効のアクセス権も設定できます。 全てのプロセスが無人、 かつ遠隔から管理できるため、 鍵の持ち主・利用者ともに鍵の受け渡しの煩わしさから解放されます。利用用途は主にAirbnbやbooking.comなどの宿泊事業における鍵の受け渡しや、カーシェアリング、家事代行、貸会議室などのシェアリングエコノミー。2018年からは本人確認・宿泊台帳機能を追加して宿泊事業の無人チェックインを可能にするサービスを展開。本社がバンクーバー・カナダのスタートアップで世界中にオフィスがあります。2013年創業。

一棟貸しでの宿泊施設や不動産管理などでロビー・事務所等に設置する専用利用端末の販売もしております。 詳細はこちら:リンク

スパークス・グループ株式会社について:
「世界を豊かに、健康に、そして幸福にする」をコーポレートミッションに掲げるスパークスは、1989年に創業した投資会社です。スパークスは、様々なタイプのファンドを通じ、ユニークなボトムアップアプローチで、投資先企業やプロジェクトの長期的な価値向上を実現してきました。さらには、投資先企業との接客的な対話、エンゲージメントを通じて、企業価値の向上を目指してきました。

2001年に資産運用会社としては初めて、国内で上場しました。日本株式、アジア株式、再生可能エネルギー発電所や不動産といった実物資産、未上場ベンチャー企業の4つの分野を投資対象にファンドを組成し、運用をしています。トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行との3社で2015年に始めた未来創生ファンドは、未上場ベンチャー企業投資の中心的なファンドです。グループ全体の運用資産残高は、2018年11月末時点で1兆1968億円となっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]